topics

topics:くずはアートギャラリー事業 令和33月末に終了します

平成17年4月より、くずはモールで美術工芸作品の発表・展示活動の場として、枚方市と枚方市文化国際財団、京阪ホールディングス(株)による三者のパートナーシップで開始いたしましたくずはアートギャラリー事業を、令和3年3月をもって終了することになりました。

つきましては、事業終了に伴い、令和3年4月以降の利用申込は受付停止となります。これまでの皆様の長年にわたるご厚情に心より感謝申し上げます。

なお、枚方市は今後、令和3年10月に開館予定の総合文化芸術センター(京阪枚方市駅徒歩5分)内に、新たな美術ギャラリーを開設いたします。

くずはアートギャラリー事業終了後は、引き続き総合文化芸術センター内の美術ギャラリーをご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


2020年11月28日土曜日

12月の展示会一覧

  


12月の展示会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。

124日(金)~129日(水)
・第1展示室 『風景』を題材にした9人の作品展 ~枚方市所蔵作品ミニ展示~(絵画)

1211日(金)~1216日(水)
・全室  遊ゆうくらぶ作品展 紅恕会書作展 (工芸・書)

1218日(金)~1223日(水)
・第1展示室  あまね展2 GlassWorksあまねステンドグラス教室作品展 (ステンドグラス)

【ワークショップ】赤いサンタクロースを作ります。
【会場】くずはアートギャラリー展示室内
【開催日時】
●12/19 (土)  13:00~ /  15:00~
●12/20 (日)  13:00~ /  15:00~
●12/21 (月)  11:00~ /  13:00~
●参加費3,000円(税込) 各回定員3名(小学5年生以上)
お問合せ Glass Works あまね  
     Tel:072-850-4150 URL:http://glassworks-amane.com

1225日(金)~202116日(水) ※20201231日(木)休館
・第1展示室  KUZUHA MALL15周年記念「KUZUHA MALLとの思い出写真コンテスト」(写真)


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

12月の展示会 12月25日(金)~2021年1月6日(水)

 【第1展示室】KUZUHA MALL 15周年記念
「KUZUHA MALLとの思い出写真コンテスト」(写真)
















1972年にくずはモール街として誕生し、
2005年に進化を遂げてオープンしたKUZUHA MALLは今年度15年目を迎えました。
今までにくずはモールで撮影された思い出写真を募り、みなさまと作り上げる写真展を開催します。
期間中写真コンテストも実施!

[期間] 12月25日(金)~2021年1月6日(水) ※2020年12月31日(木)休館
[開館時間] 10:00から19:00まで ※20201年1月6日(水は18:00終了
[入場料] 無料

12月の展示会 12月18日(金)~12月23日(水)

 【第1展示室】
あまね展2  Glass Works あまねステンドグラス教室 作品展(ステンドグラス)










Glass Works あまねは、枚方市山田池東町にあるステンドグラス工房です。今回は2回目の教室展です。
コロナ禍で工房・教室の自主休業を行ったこともあり、制作時間が少なくなってしまいましたが、
今回も沢山の個性あふれる作品が並びます。皆様のご来場を心よりお待ちしております。


【ワークショップ】赤いサンタクロースを作ります。


 











【会場】くずはアートギャラリー展示室内
【開催日時】
●12/19 (土)  13:00~ /  15:00~
●12/20 (日)  13:00~ /  15:00~
●12/21 (月)  11:00~ /  13:00~
●参加費3,000円(税込) 各回定員3名(小学5年生以上)

お問合せ Glass Works あまね  
     Tel:072-850-4150 URL:http://glassworks-amane.com


[期間] 12月18日(金)~12月23日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※12月23日(水は18:00終了
[入場料] 無料

12月の展示会 12月11日(金)~12月16日(水)

【全室】遊ゆうくらぶ作品展 紅恕会書作展 (工芸・書)











「コロナ禍を乗りこえて」祈りの時と平和な心とを 遊ゆうくらぶ・紅恕会

開けても暮れても眼から耳から入るコロナ禍のニュースに人々は日常を奪われ、疲れた心と身体は何によって癒せるのでしょうか。お買物や散歩のお時間に少しだけ足を運んでいただき、仏像の優しさ、墨の清香、土の温もりに浸ってみませんか。自然素材は忘れていた微笑や喜びを与えてくれる事でしょう。
暫しの時、コロナ禍を忘れ楽しんでいただき、軽くなられた心で新年をお迎えください。


[期間] 12月11日(金)~12月16日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※12月16日(水は18:00終了
[入場料] 無料

12月の展示会 12月4日(金)~12月9日(水)

 【第1展示室】
『風景』を題材にした9人の作品展 ~枚方市所蔵作品ミニ展示~(絵画)

「吉野山」中井吟香












今回の展示会では、枚方市所蔵作品の中から9人の作家による「風景」を題材にした作品9点を展示いたします。
9人の作家のさまざまな技法による風景画の作品を鑑賞して、あなたも旅に出た気分を味わいませんか?

【展示予定作品】
■「志摩波切風景」 斉藤与里 ■「風景」  栄永大治良 ■「黒部峡谷」 清水要樹
■「ナイル河のほとり」 金曽大畔 ■「宇治上神社社殿」 田村哿堂 
■「驟雨のベニス」 阪井谷松太郎 ■「荒磯(越前海岸)」 安達良雄 
■「晩秋(白川の民家)」 花本正一 ■「吉野山」 中井吟香


[期間] 12月4日(金)~12月9日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※12月9日(水は18:00終了
[入場料] 無料

2020年11月27日金曜日

【第2展示室】パステル画 牧野 道子展

 本日より第2展示室ではパステル画  牧野 道子展」を開催しています。










こちらの展示は牧野道子さんによる作品展で、個展を開かれるのは今回が初めて。これまでグループ展や公募展で作品を発表されていました。
パステル画を始められたのは、以前から絵に関心を持っていたところ、ご友人からパステル画のレッスンに誘われたのがきっかけとのこと。その後、グループでのモデルデッサンなどに参加しながらほぼ独学で続けられたそうです。
人物画を中心に展示されており、さまざまな女性の柔らかなラインや瑞々しい肌の質感が美しく描かれています。

























パステルは粉末の顔料を棒状に固めた画材で、クレヨンのように油分を含まないためマットな質感が特徴です。ベージュや薄いグレーなど、色のついた紙を使われているのはパステルの発色がとても良いため、白い画用紙を使うと色が鮮やかになりすぎてしまうからとのこと。
絵全体の下地となる紙の色にパステルをどう重ねていくかを考えながら制作されるそうです。そうした繊細な色の重なりも見どころの一つではないでしょうか。
そして、牧野さんが制作を続けられてきた中で、印象に残っているのがテレビで聞いた「絵は習うもんじゃない」という言葉。作品を作りあげていくのは結局自分なのだと、時間が経つごとに感じられるそうです。
































会場は落ち着きの感じられる雰囲気で、一点一点ゆっくりと鑑賞されるお客様も多くおられます。
どうぞお誘いあわせのうえお越しください。


[期間] 11月27日(金)~12月2日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※12月2日(水は18:00終了
[入場料] 無料

2020年11月20日金曜日

【第2展示室】また楽しんで!世界旅を水彩画で / 玄番 央恵

 ただいま第2展示室では玄番央恵さんの個展「また楽しんで!世界旅を水彩画で」を開催しています。










こちらの展示は2011年から約2年ごとに開催されており、ご家族で旅行された思い出を水彩で描いたシリーズで、毎回楽しみにされている方もおられるかと思います。
前回の開催は2018年。2年間のあいだに制作された、国内外合わせて11か国の情景が鮮やかに広がっています。












作品は様々な国の広場や城などの名所に加え、市場、駅といった身近な場面も多く、売り買いの声や雑踏のにぎやかな音が今にも聞こえてきそうな活気が感じられます。
また、各作品にはその場所の様子を伝えるキャプションが添えられ、旅の土産話を聞いているような楽しさが味わえます。


















今年はコロナ禍の影響で、残念なことに予定していた旅行はすべてキャンセルされたとのこと。先の見えない状況ではありますが、またどこかの国の様子を作品を通して伝えていただける日が待ち遠しいですね。
どうぞ皆様お誘いあわせのうえお越しください。

[期間] 11月20日(金)~11月25日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月25日(水は18:00終了
[入場料] 無料


【第1展示室】「第5回よみがえるペン画の魅力」展 / 佐藤絵画教室

ただいま第1展示室では佐藤絵画教室「第5回よみがえるペン画の魅力展を開催しています。


佐藤絵画教室では油彩・水彩・ペン画を指導されており、奈良・京都・八尾・大阪・枚方の5か所で活動されています。
毎年この時期に開催されるペン画展も今回で5回目となりました。
生徒作品と講師・佐藤一正先生による57点が展示されています。


佐藤先生にお話を伺ったところ、「ペン画はとても細かい作業で時間も掛かりますが、写真を見ながら本物そっくりには時間を掛ければ描けるし、みんなが同じ絵を描いてもおもしろくない。それよりも自分の中にあるイメージを描いた方が濃淡や色遣い、何を表現したいかその人のセンスが発揮されておもしろい」とのことでした。


出展者の中には以前のペン画展をご覧になってから習い始めた方もいらっしゃるそうです。
水彩画を描かれていたそうですが、「新しいことに挑戦したい」と思いペン画を始められました。


参加者も随時募集されています。興味のある方はお声がけされてみてはいかがでしょうか。

シンプルで奥が深いペン画の魅力を是非ご覧ください。

[期間] 11月20日(金)~11月25日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月25日(水は18:00終了
[入場料] 無料

【Kagi vol,177 2020.12】 情報誌「kagi」12月号のお知らせ

 情報誌「Kagi」の最新版、12月号がただいま配布中です。

2020年12月の展示会スケジュールや、空き室情報などを掲載しております。
(公財)枚方市文化国際財団、枚方市内公共施設他、くずはアートギャラリー、
くずはモール駅側入口などにござますので、ぜひご覧ください。



















2020年11月13日金曜日

【第2展示室】尾崎雅香・藤田瓊泉ふたり展

 ただいま第2展示室では「尾崎雅香・藤田瓊泉ふたり展」を開催しています。











お二人が当ギャラリーで展示をされるのは2回目。
前回の展示を開かれた際、次はお互い米寿と還暦を迎えたときにまた二人展をしようと約束されたそうです。
会場に入ってすぐが尾崎さんの作品、奥に藤田さんの作品とコーナーが二手に分かれています。

























尾崎さんの作品は平成8年から平成25年までの間に描かれた作品から、代表作をピックアップしたもの。
前回の展示では出展されていなかった短冊絵などの小品も数多く飾られており、色彩の華やかさと相まって見ているだけでも楽しい気持ちになります。短歌、墨彩画どちらにも娘さんやお孫さん、ご家族がモデルとして描かれており、共にすごされた大切な時間が感じられます。



























上は藤田さんの作品。こちらは青系の色がでる松煙墨や茶系の色がでる油煙墨など、色調のちがうさまざまな墨で描かれており、制作していると墨によっていろいろな違いがあって、そこが本当に面白いとのこと。静謐な雰囲気のなかにも微妙な色の動きが見られます。
水辺の風景を中心に、お孫さんの肖像やご家族、ご友人と共同で制作された小物なども出展されています。




































一見正反対にも見えるお二人の作品ですが、通して見るとどちらにもご家族やご友人といった、まわりの方々のあたたかな気配が共通していることに気づきます。今回は米寿と還暦を迎えられたお二人の記念的な展示会でもあるとのこと。これからもお元気に制作を続けていただきたいですね。
どうぞお誘いあわせのうえお越しください。


[期間] 11月13日(金)~11月18日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※11月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料