2014年12月5日金曜日

【全室】 リバティのパッチワークとLa Reliure d'art / atelier ROSE&SATY(パッチワーク・製本)

ただいまくずはアートギャラリーでは 【リバティのパッチワークとLa Reliure d'art /atelier ROSE&SATY】を開催しています。

英国リバティ社の布を使ったパッチワーク作品が展示室を華やかに彩っています。
atelier ROSE&SATY(アトリエ ローズ&サティ)は、
それぞれにご活躍されているみなさんのユニット名です。

リバティ社の布を使った大作のタペストリーやベッドカバー、小物の鞄やポーチが並んでいます。
リバティプリントと言えば、小花模様などの繊細な柄がおなじみですね。細かい柄の生地を何種類も使って作り上げたキルトは、遠目に見ると万華鏡を覗いた時のような広がりを感じさせます。

このように展示されているお互いの作品を見て、「あのリバティの布持ってないから欲しい!」
「その組み合わせがあったのか」と刺激を受けておられるそうです。


















中には布を使った箱(カルトナージュ)や製本も。タイトルにあるReliure(ルリユール)とは、フランス語で「製本」または「(本などを)綴じ合わせる技術」を指します。
同じリバティ社の布でも、布を組み合わせて使うパッチワークとはまた趣が違って見えます。

















製本コーナーは、洋本だけでなく和本もあり
様々な綴じ方を見ることが出来る、とても魅力的な展示です。
製本については説明もしてくださるのでとても分かりやすく、また、手にとって見ることができるのも良いですね。






















会場ではパッチワーク小物や製本済みの書籍、豆本の販売なども行なわれておりますので、ぜひお越しください。

[期間] 12月5日(金)~12月10日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※12月10日(水)は18:00終了
[入場料] 無料