2015年2月13日金曜日

【全室】 キルトハウス トモコ作品展

ただいま第1・第2展示室にて「キルトハウス トモコ作品展」を開催しています。

会場ではシックな色合いのタペストリーのほか、バッグやお人形などの小物を中心に展示されており、落ち着いた中にも可愛らしさのあふれる雰囲気が感じられます。
































キルトハウス トモコは、キルトパーティ公認講師・芝原朝子さんが主宰されているキルト教室で、
楠葉並木にあるご自宅で活動されています。平成6年から教室を始めて、現在28人が在籍しています。
月に2回、芝原さんのカリキュラムをこなしながら作品制作を楽しんでおられる様子が伝わってきます。

今回展示されている人形・小物作りも実は課題のひとつだそうです。
大きなタペストリーは3~4年かかる大作ですが、こういったハギレを使った人形や小物作りも楽しみの一つなのではないでしょうか。

色調はキルトパーティ(斎藤謠子さん主宰)の意向などもあり、芝原さんのご指導のもと布選びなどされているようです。作品ひとつひとつの個性と、展示全体の引きしまった雰囲気を感じられます。




































下の写真向って右は芝原さんの初めての作品です。芝原さんは、教えられるまま夢中で仕上げた作品が画面下の本で取り上げられ、とても感動されたそうです。作品を前に芝原さんは、とても感慨深くお話ししてくださいました。


















みなさまお誘い合わせのうえ、くずはアートギャラリーへお越しください。


[期間] 2月13日(金)~2月18日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※2月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料