2015年5月15日金曜日

【第1展示室】 長谷川貞信画塾 第38回萌黄会日本画展

ただいま第1展示室では【長谷川貞信画塾 第38回 萌黄会日本画展】を開催しています。

















萌黄会では、日本美術院特待、有秋会代表をつとめておられる五世長谷川貞信先生が指導を
されています。
今回は会員の方による31点に加え、賛助作品1点が展示されています。

































日本画は、スケッチから下絵、下地づくりなど
コツコツとした根気のいる作業が多いという印象がありますが
お一人お一人の個性ある表現方法で人物・植物・仏像・静物・風景と
さまざまなモチーフが描かれており、
見れば見るほど奥深い味わいのある作品ばかりです。






















そして、展示室正面には長谷川貞信先生による賛助作品
かぐや姫が月に帰る場面を描いた「竹取物語」がひと際輝いています。

国立文楽劇場の絵看板を手がけられている先生ならではの作品です。
ぜひ、みなさまお誘い合わせのうえお越しください。


[期間] 5月15日(金)~5月20日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※5月20日(水)は18:00終了
[入場料] 無料