2015年9月11日金曜日

【第2展示室】 第23回 楠葉写友会写真展

ただいま第2展示室では「第23回 楠葉写友会写真展」を開催しています。

楠葉写友会さんは結成されてから29年。今回で23回目の写真展となり、
くずはアートギャラリーでもおなじみの写真展です。
会場に足を踏み入れると出品者のみなさま一人ひとりの個性的な写真が展示されています。結成当初は国画会の会員であった故・田中幸太郎先生の下で造形と抽象を学ばれていたということですが、現在は田中先生に教わっていた方は数人になっているそうです。

現在、写真は全てデジカメで撮影されています。お話を伺ったところ、造形物を作ってからそれを被写体に写真を撮る作品、撮影した写真をパソコンでコントラストなど調整したり加工したりする作品、撮った写真を頭の中にあるイメージに近づけてパソコンで画像処理をしてまるでCGのように見える作品など、技法は人により様々です。結成当初はまだデジカメが無かったので、撮られた写真の一部を切り取ってコラージュしたりと今とは違う手法だったそうです。風景の写真はプロに任せて、自分達の個性が反映されるアート的な写真作品を作る」という田中先生の教えが出品者のみなさまに今も息づいていることが感じられます。




月に1度みなさんで集まって作品を持ち寄られる時には
普通の風景や花の写真もあるそうですが、
写真会の為の作品を選ぶと抽象的な作品が多くなるそうです。
今回の写真会を開催するにあたっては自分以外の作品もみなさんで選ばれているそうなので
作品選びにはとても苦労されたとか。

ご来場のお客さまには画題にとらわれず、深読みせず、作品を観た印象を自然に、素直に感じとって下さいとのことです。
じっくりと作品をご覧になって、独特な世界観を感じてみてはいかかでしょうか。
みなさまお誘い合わせの上、是非お越し下さい。

[期間] 9月11日(金)~9月16日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月16日(水)は18:00終了
[入場料] 無料