topics


topics:くずはアートギャラリー事業 令和3年3月末に終了します

平成17年4月より、くずはモールで美術工芸作品の発表・展示活動の場として、枚方市と枚方市文化国際財団、京阪ホールディングス(株)による
三者のパートナーシップで開始いたしましたくずはアートギャラリー事業を、令和3年3月をもって終了することになりました。

つきましては、事業終了に伴い、令和3年4月以降の利用申込は受付停止となります。これまでの皆様の長年にわたるご厚情に心より感謝申し上げます。

なお、枚方市は今後、令和3年10月に開館予定の総合文化芸術センター(京阪枚方市駅徒歩5分)内に、新たな美術ギャラリーを開設いたします。
くずはアートギャラリー事業終了後は、引き続き総合文化芸術センター内の美術ギャラリーをご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


2015年9月4日金曜日

【第2展示室】黒川しづこ透明水彩画展&教室作品展

ただいま第2展示室では「黒川しづこ透明水彩画展&教室展」を開催しています。
















「くろかわ透明水彩画教室」を主宰されている黒川しづこさんと、教室のみなさんの作品展です。
会場に入ると優しいタッチの水彩画にほっと心がなごみます。
出展作品の中にはコメントがついているものもあり、その絵にぐっと近づくようで見ていてとても楽しくなります。

















































画材が透明水彩絵の具ということで、その特性を大切にするために、
「描き込み」は大事ですが、「描き過ぎ」はよくないと。
その見きわめ、タイミングが難しいとのことです。
「“未完の美”を楽しむこと」と黒川さんはおっしゃっていました。

















そのほか、「一本スケッチ」という絵も教えていらっしゃいます。
これはモチーフをつながった一本の線で表現し、そのあと水彩絵の具で色付けするというもので、
つながった線を目でたどってみたり、自由に彩色された色を楽しんだりもできる絵です。
ぜひみなさまお誘い合わせのうえ、会場にお越しください。


黒川しづこさんのブログ「水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画」 http://kurokawa-suisai.blog.jp/



[期間] 9月3日(金)~9月9日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月9日(水)は18:00終了
[入場料] 無料