topics

topics:くずはアートギャラリー事業 令和33月末に終了します

平成17年4月より、くずはモールで美術工芸作品の発表・展示活動の場として、枚方市と枚方市文化国際財団、京阪ホールディングス(株)による三者のパートナーシップで開始いたしましたくずはアートギャラリー事業を、令和3年3月をもって終了することになりました。

つきましては、事業終了に伴い、令和3年4月以降の利用申込は受付停止となります。これまでの皆様の長年にわたるご厚情に心より感謝申し上げます。

なお、枚方市は今後、令和3年10月に開館予定の総合文化芸術センター(京阪枚方市駅徒歩5分)内に、新たな美術ギャラリーを開設いたします。

くずはアートギャラリー事業終了後は、引き続き総合文化芸術センター内の美術ギャラリーをご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


2015年10月25日日曜日

11月の展示会 11月6日(金)~11月11日(水)

・第1展示室  藤井範子素描展(水彩・日本画・ブロンズ)
















「藤井範子素描展」は、くずはアートギャラリーに於いて、2回目になります。
いつもは本画の日本画を描いておられますが、当ギャラリーでは、身近な素材の素描
(とは言っても繊密で繊細ですが)を出展していただきます。
緩やかな眼差しで描かれた作品で季節の移ろいを楽しんでいただきたいと思っております。
企画:小島泰子


・第2展示室  MOA美術館 枚方交野児童作品展2015(水彩・書)
















MOA美術館(公益財団法人:岡田茂吉美術文化財団)の創始者である岡田茂吉師は
「真善美」を理想社会構築の基盤とし、特に「美」の普及に意を注ぎ、美術・文化活動を奨励しました。
美術館活動の中で、特に日頃子どもたちが取り組んでいる創作活動を奨励することで
「生命を尊ぶ心」「心豊かな人間」形成を目的に、各地でボランティアによって運営され、
昨年の応募総数は45万点を超えるまでになりました。


[期間] 11月6日(金)~11月11日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月11日(水)は18:00終了
[入場料] 無料