2015年10月17日土曜日

【全室】 香里丘高校美術部9・10・11期OB・OG展/くぼりえ絵画展vol.2

ただいま「香里丘高校美術部91011OBOG/くぼりえ絵画展vol.2」を開催しています。
今回の展示は2パートに分かれており、第1展示室はくぼりえさんの個展、
第2展示室は府立香里丘高校美術部91011OBOGの方による合同展という構成です。


















上の写真はくぼりえさんの展示会場から。
くぼさんは枚方市在住のイラストレーター・絵本作家として活動されている方で、
本展では絵本・企業カレンダーなどの原画を中心に約100点を展示されており、
個展としては20年ぶりとなります。
































優しいタッチの季節の花と妖精のシリーズのほか、くぼさん自身が国内外の旅行先で見た風景をモチーフにした
スケッチ旅行シリーズでは、沖縄やパリ、ベネチアなどさまざまな土地の様子がいきいきと描かれています。
くぼさんは脊髄性筋萎縮症という難病のため、車いすと24時間介護を必要とされていますが、
どの作品も実に細やかな筆致で、ご覧になった方からも「どうやって描いてるの?」と質問をいただくほど。
会場には制作の際に使われている机や画材なども展示されており、アトリエをイメージした空間づくりとなっています。
会期中は19日(月)を除いて、15時から在廊される予定ですのでお話を伺ってみてはいかがでしょうか。

◆ くぼりえさんHP:http://kuborie.com/index.html


そして、第2展示室ではくぼさんが在籍していた府立香里丘高校美術部のOB・OGのみなさん、
顧問の石田眞弓先生による合同展が開かれています。
















開催のきっかけは、くぼさんの作品がたまっていることを知った仲間の方が、もったいないしせっかくだから
久しぶりにみんなで展示をしようか、と思われたことから。
大型の油彩作品や羊毛フェルト、写真ほか幅広い作風の作品が集まりました。
















































美術部というと「学校を卒業してから筆を持つことが減って…」というエピソードをよく聞きます。
出展者の方に、メンバーを集めるのは難しくなかったか伺ってみると、やはり日々の忙しさから
出展できなかった部員もいらしたとのこと。
今回を機会に、本展では参加できなかった方も含めてまた展示ができたらいいな、とお話くださいました。
ご覧になる方の中にも、こちらに刺激を受けて新たに制作を再開される「元美術部」の人がいるといいなと思います。
会場にはメッセージ用のノートがありますので、ぜひ感想など残していってくださいね!


















※こちらの展覧会は、ケーブルテレビの取材を受けました。10月19日(月)から放送予定です。
時間帯等、詳細は下記リンクよりご確認ください。
ケーブルテレビ:K-CATほっとニュース

※17日付けの朝日新聞・大阪版の朝刊に、くぼりえさんの記事が掲載されています。
朝日新聞デジタル(大阪)「支えに感謝し絵画展 難病のくぼりえさん」:
http://www.asahi.com/articles/ASHBH7F6RHBHPPTB00G.html でもご覧いただけます
(記事の全文表示には無料登録が必要となります)。

※18日付けの産経新聞・大阪本社版の朝刊に、くぼりえさんの記事が掲載されています。
産経ニュース(大阪)「枚方の絵本作家が個展 難病と闘い、描き続けた20年」:
http://www.sankei.com/region/news/151018/rgn1510180051-n1.html でもご覧いただけます。


[期間] 10月16日(金)~10月21日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月21日(水)は18:00終了
[入場料] 無料