2015年10月23日金曜日

【第1展示室】 彩フローラルアート展

ただいま第1展示室では「彩フローラルアート展」を開催しています。 
くずはアートギャラリーでは3年振り、3回目の展示となります。
クレイフラワーという粘土で作られたお花の作品なのですが、間近で見ても本物にしか見えません!
あまりの細かさに「本当に本物のお花じゃないんですよね?」と何回も訊いてしまいました。

子育て仲間やご近所仲間の方々で活動されていて、普段の生活の中で時間を作って制作されるので
だいたいの作品は完成までに1年程かかるそうですが、集中して作ると3日で完成した作品もあるとのことです。

作り方を伺ったところ、最初は何もない白い粘土に絵具を練り込んで色付けして乾かせるという手順を繰り返して
花びらを作り、茎の部分にはワイヤーが入っています。
すごく繊細に見えますが、とても丈夫に出来ていて、形が崩れたり壊れたりすることはほとんど無いそうです。
そう言われるとそうなのですが、それにしても気が遠くなるぐらいに細かい作業です。


本物のお花の形、色などをじっくりと観察しながら寸分違わぬ作品を作られるのかと思いきや、
本物をある程度参考にはされるそうですが、自分のイメージする形、色に作っていくそうです。
ということは、実在しない架空の色、形のお花も作品にすることが出来るのです。

絵具を粘土に練り込んだ時の色と、乾燥してからでは色が違ってくる為に、
最初から乾いた時の色を想像しながら粘土に絵具を練り込んで調整することはとても難しく、
どれだけそっくりに作るかということではなく、いかに頭の中にあるイメージ通りの作品を作るか
ということに苦労されるとのことでした。

展示室を入った所に展示されている「夢はこぶ舟」という作品は、
今回の展示会の為にみなさんで合同で作られた作品です。
一人で作られる作品とは一味違う遊び心満載の作品で、楽しそうに制作された風景が目に浮かぶようです。

白い粘土、棒、ハサミがあればいろいろな物が生まれてとても楽しめます。
作品をご覧になるうちに、きっと自分でも作ってみたくなることでしょう。

[期間] 10月23日(金)~10月28日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月28日(水)は18:00終了
[入場料] 無料