2015年12月18日金曜日

【第2展示室】神原侑三 油絵・陶芸展

ただいま第2展示室では「神原侑三 油絵・陶芸展」を開催しています。
当ギャラリーでは初めての展示になります。
















40点展示された油絵作品は一目見て神原さんの作品とわかるほど個性的な作風で、
ご本人による丁寧で、時にはユニークな解説文が付けられている作品も多く、
スケッチしている時に思っていたこと、幼少期の思い出を辿って描かれた作品には
その頃のエピソードなどが添えられています。


描かれた絵とその時の感情や思いついたストーリー、
そして日曜大工での手作りの額縁というこだわりが一体となって
神原さんの世界観を形成しています。
作品について、もっと真面目に描いた方がいいんじゃない?という感想をもらうことも
あるそうですが、「写実的にそっくりそのまま描くよりも、バッと勢いのある絵のほうが描いてて楽しいし、
見る側としてもそういう作品の方が味があって好きなんですよ」
と神原さん。僕、ひねくれてるのかなぁ?と笑いながらお話くださいました。


そしてもうひとつのこだわり、信楽穴窯による陶芸作品も展示されています。



油絵とは正反対で陶芸作品には一切解説文は無く、タイトルも書かれていません。
同じ作者でもとても対照的なスタンスですね。
理由をお聞きしようかと思いましたが、あえて聞きませんでした。
油絵でのユニークなエピソードを読みながらの鑑賞に対して
陶芸作品では神原さんがどんなことを思いながらこれらの作品を作っていたのか
想像しながらじっくりと鑑賞するのもいいのではないでしょうか?

是非お誘い合わせの上お越し下さい。

[期間] 12月18日(金)~12月23日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※12月23日(水)は18:00終了
[入場料] 無料