2016年1月8日金曜日

【第1展示室】こうのなつ美 日本画展 花の色は

ただいま第1展示室では「こうのなつ美 日本画展 花の色は」を開催しています。

こうのなつ美さんは昨春卒業した京都市立芸術大学で日本画を専攻されていました。
今回が初めての個展です。

以前から絵を描くことが好きだったそうですが、高校に入ってから画塾に通い、
最初はデザイン画を描かれていたそうです。
画塾の先輩に日本画を描かれていた方が多く、その先輩方が通っている大学に進学されました。
日本画を描くようになったのはそれからだそうです。
てっきりもっと以前から日本画を描き続けている方だと思っていました。

今回の個展のタイトルは「花の色は」ですが、展示されている作品は花の絵だけではなく
人物画もあり、子犬の絵もあります。
今まで描いてきた作品を集めていて、今回の個展用のテーマのようなものは特にありませんが、
展示されている作品を観ていると不思議と統一感があります。
お話を伺ったところ、花に限らず「一瞬の生」や「儚さ」に強く惹かれるそうで、
そこから受ける印象を描いて残したいという思いが作品の「核」になっているようです。
あまり下書きをせずに描いていても、その「核」が決まるとあとはすんなりと描けるそうですが
それまでの試行錯誤が大変とのことでした。

ご来場のお客様もほとんどの方が一点一点の作品をじっくりとご覧になります。
作品の中に宿っている「一瞬の生」や「儚さ」が観る人を惹き付けてそうさせるのでしょう。
そして、作品をご覧になっているうちに自然と「花の色は」というタイトルに納得出来るはずです。

是非ご覧になって下さい。

[期間] 1月8日(金)~1月13日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※1月13日(水)は18:00終了
[入場料] 無料