2016年3月18日金曜日

【全室】京都大学美術部 卒展「あとのまつり」

ただいま第1・第2展示室では、京都大学美術部 卒展「あとのまつり」を開催しています。
















京都大学美術部のみなさんによる展示も、今年で5回目。『若々しい感覚があって新鮮』と、
毎年楽しみにされている方もいらっしゃいます。
本展のタイトル「あとのまつり」は出展している部員がこれから卒業されることと、
「アートの祭り」をかけたもの。
作品は油彩、水彩のほか立体、はり絵、きり絵など、様々な手法のものが展示されており、
作者の制作年代順に並べられています。




















今回は「タイトルシャッフル企画」という共同作品を制作されています。
こちらは企画の参加者を募り、初めにタイトルを考えてから、紙に書いたそれらを
シャッフルして配り直し、受け取った人は渡されたタイトルからイメージした作品を描く、
というもの(ちなみに、タイトルを考えた人からは実際に絵を描く人へ口出しをしない、
というルールがあったとか)。
制作の際は、他の人から与えられたタイトルからイメージを練るのにとても悩み、
なかなか苦労されたそうです。















































展覧会全体のテーマ等は設定せず、各人の過去作も含めて在学時の集大成として発表されています。
部員の方それぞれの、4年間の軌跡をご覧頂ければと思います。みなさまどうぞお越しください。


[期間] 3月18日(金)~3月23日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※3月23日(水)は18:00終了
[入場料] 無料