2016年8月19日金曜日

【第1展示室】kag美術図書館~図書閲覧コーナー拡大版vol.13 「アート関連の映像上映会vol.3 」

ただいま第1展示室ではKAG美術図書館~図書閲覧コーナー拡大版 vol, 13
「アート関連の映像上映会vol,3」を開催しております。


















13回目の開催となるこちらの企画では、
普段ロビーでの図書閲覧コーナーに出す機会の少ない大型美術書をご覧いただけるほかに、「アートってなんなの?文化ってどうなの?」をコンセプトに、アートや文化・芸術活動に関わる人々の動きや現場を取り上げた映像を「アート関連の映像上映会」と題して、関西のアートシーンを切り取った映像10本です。
是非、くずはアートギャラリーにお越しいただきご覧ください。


【プログラム10 / 15分程度】

*販女の台所
販女(ひさぎめ)さんは川音を聞きながら珈琲を入れ、料理を作る。周囲を山々に囲まれた徳島県神山町で行われたアートプロジェクトの台所を訪ねた。

*『さいごの色街 飛田』著者 井上理津子さんを囲んで
フリーライターの井上理津子さんが12年に及ぶ取材・執筆期間を経て2011年秋に渾身の力作『さいごの色街 飛田』を上梓された。取材時期の彼女を知る飲み仲間が集い、おでんを囲んで著者の話を聞いた。

*橋本敏子に聴く〜「ながらの座・座」と弦の音
生活環境文化研究所/文化農場の橋本さんが大津の自邸を「ながらの座・座」と名付け、新たな活動を開始された。弦楽器演奏のライブ映像を織り交ぜながら橋本さんに話を聞いた。

*三宅島の台所
アシタバ、赤芽芋、はんばのり、セッコ(カメノテ)、ムロアジなどなど。伊豆諸島の一つ、三宅島の食卓に欠かせない食材の数々を味わい、学んだ旅の記録。

FabLab Kitakagaya
2002年にMITで生まれた「FabLab(ファブラボ)」。アメリカを起点に世界中に広まったものづくりのしくみが日本に上陸したのは2011年。鎌倉、つくば、渋谷に続き大阪にオープンしたファブラボ北加賀屋を訪ねた。

breaker project11年目の現在
大阪市の文化事業として2003年にスタートしたブレーカープロジェクト。その11年目の夏と冬、活動拠点の新・福寿荘とkioku手芸館「たんす」で、運営・事務のスタッフに話を伺った。

*塩屋にある風景 旧グッゲンハイム邸
神戸・塩屋の海を臨む高台に建つ旧グッゲンハイム邸とその周辺を回る。

*グビングの日常 ─撮るだけKit by旧グッゲンハイム邸裏長屋住人─
塩屋にある、旧グッゲンハイム邸裏にある長屋住人による、グビング(共同リビング)での日常や、長屋住人で結成されたトランペットの楽団「ペ・ド・グ」の活動を20159月から約1ヶ月間撮影。

*和田神社・天井画完成プロジェクト
現代美術のフィールドで活動してきた田岡和也さんが夫人の亜依子さんと共に地元神社の天井画を手掛けることになった。描いたのは植物画を中心としたアクリル画80点。天井画を見上げながら二人に話を聞いた。

[公開収録編vol.1] 感覚・言語・メディアをつなぐアート(技) 
─あいちトリエンナーレ2016NAMURA ART MEETING'04-'34などを題材に─
編集や執筆、色彩研究からソフト開発まで幅広く活動されている三木学さんをお呼びして、現在関わられているプロジェクトを例に、三木さんの興味ゴトについてお話していただきました。 

  
















また、会場には“ご利用相談コーナー”も設置しています。
平成2841日【長谷川貞信画塾 第39回萌黄会日本画展】から、平成2883日【パッチワークなづみ展示会】までの約5ケ月弱の展示風景もスライドショーで紹介しています。
各利用者のスライド時間は約1分。スタッフが撮影した写真を用いて編集しています。

くずはアートギャラリーで展示をお考えのみなさま、ギャラリーの使い方など、ご相談・ご希望をお伺いいたします。
過去の展示室のレイアウト見本や、DMデザイン等もご覧いただけます。

ぜひ、この機会をご利用ください。

[期間]8月19日(金)~8月31日(水)  8月25日(木)休館
[開館時間] 10:00から19:00まで ※8月31日(水)は18:00終了
[入場料] 無料