2016年11月25日金曜日

【第1展示室】 第16回 愛しの植物画展/愛しの植物画会

ただいま第1展示室では【第16回 愛しの植物画展】を開催しています。


昨年に続き、当ギャラリーでは2回目の開催となります。

作者毎に並べられた植物画を観ている内にそれぞれ個性的であることに気づきます。
井上良子先生にお話を伺ったところ、作者とお花との対話で作品が描かれていくので
全ての生徒さんに同じことを教えるということはないそうです。
生きた植物と向き合って描いている内にパッと抜ける(気づく:理解する)瞬間があり、それがとても大切だと仰います。
そのため、植物を撮った写真を見ながら描くことはしないそうです。
その過程をお聞きしたら「個性的」と感じたことは、決して作者の技法だけの個性ではなく、
植物との対話によって得られた個性だということに気がつきました。



井上先生が仰る「植物画を描くことは日本画や風景画などの基本にもなるし、癒されるし、なにより美しい」ということがとてもシンプルで説得力がありました。




植物画の展示の他に、主にフランス語で書かれたアフリカの絵本も多数展示されています。
少し見せていただきましたが、日本との文化や風習の違いを感じるだけでなく、
日本人にとっては当たり前だと思っていることが、アフリカの人々にとってはとても珍しかったり難しかったりするということもあるとお聞きしました。


11/26(土)、27(日)は「西アフリカの絵本の紹介と読みきかせ」、「花のおはなし」、「コンサート」と
イベントも開催されます。
みなさまお誘い合わせの上、お越し下さい。

※期間中イベント
◆西アフリカの絵本の紹介と読みきかせ
ゲスト:村田はるせ(アフリカ文学研究者)
1126日 11301200 14301500
1127日 14301500
◆京阪園芸ガーデナーズ 花のおはなし
1126日 14001430
◆ギャラリーコンサート 新しい童謡
ゲスト:三品響子(ソプラノ歌手)
1127日 1530

[期間] 11月25日(金)~11月30日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月30日(水)は18:00終了
[入場料] 無料