2016年11月11日金曜日

【全室】 第9回 紅恕会書作展 遊ゆうくらぶ作品展

ただいま第1・第2展示室では【第9回 紅恕会書作展 遊ゆうくらぶ作品展】を開催しています。

当ギャラリーでは2年振り、6回目の開催となります。
みなさま心待ちにされていたのでしょう、
初日の朝からたくさんのご来場のお客様方とお祝いのお花で
ギャラリーはとても賑やかです。

第1展示室には書と陶芸作品が展示されています。


書の作品は特にテーマは無く、自分の好きな言葉を自由に書かれています。
若い方の作品も多く、マンションのリビングにも飾れるようにと
明るい色の書軸が多く使われています。


陶芸作品のコーナーは明るくてやさしい感じがします。
お孫さんに向けて作られた作品が多いとお聞きして納得しました。


第2展示室には木彫りと仏像が展示されています。


木彫作品には家具や日常品が並んでいます。
制作にかかった時間や工程を想像すると、勿体無くて使えないような気持ちになってしまいますが、
どれもご自宅で実際にお使いになっているそうです。
木は使ってこそ生きる(活きる)と仰っていました。


仏像のコーナーでは作品一体毎に手を合わせる年配の方々もいらっしゃいます。
手作業なのが信じられないぐらいどの作品もとても作りが細かく、
展示室に漂うヒノキの香りが手作りだと気づかせてくれます。


ご来場になったお客様からは
「形を整えるだけでも大変なのに作品に魂がこもっている。こういう作品が作れることが羨ましい。」
という感想をいただきました。
まさにその通りだと思います。

それぞれに歴史のある書・陶芸・木彫・仏像の良さを
次の世代に伝えてつないでいくということを大切にされています。
作品をご覧頂くと、きっと伝わってくることでしょう。

皆様お誘い合わせの上お越しください。


[期間] 11月11日(金)~11月16日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※11月16日(水)は18:00終了
[入場料] 無料