topics

topics:くずはアートギャラリー事業 令和33月末に終了します

平成17年4月より、くずはモールで美術工芸作品の発表・展示活動の場として、枚方市と枚方市文化国際財団、京阪ホールディングス(株)による三者のパートナーシップで開始いたしましたくずはアートギャラリー事業を、令和3年3月をもって終了することになりました。

つきましては、事業終了に伴い、令和3年4月以降の利用申込は受付停止となります。これまでの皆様の長年にわたるご厚情に心より感謝申し上げます。

なお、枚方市は今後、令和3年10月に開館予定の総合文化芸術センター(京阪枚方市駅徒歩5分)内に、新たな美術ギャラリーを開設いたします。

くずはアートギャラリー事業終了後は、引き続き総合文化芸術センター内の美術ギャラリーをご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


2016年12月16日金曜日

【第1展示室】第1回ペン画協会展/佐藤絵画教室

ただいま第1展示室では【第1回ペン画協会展】を開催しています。

















佐藤絵画教室は前回2016年5月13日(金)~5月18日(水に当ギャラリーで
奈良・京都・八尾・大阪・枚方の5教室の合同展を開かれており、
今回はペン画のみの展示会になります。
絵画教室の会員の方が中心となってこのたび日本ペン画協会を発足され、多くの方にペン画の
魅力を知ってもらいたいと第一回目の作品発表会となりました。


































会員の方にお話をうかがったところ、
「モノクロで表現することを考えると、描いてみたいと思った景色などはカラーが多いので 
そのモチーフ選びが難しい。」「下書きに時間が掛かりますが、ペンで描きだすと楽しいです。」と
おっしゃっていました。20号サイズは約1ヵ月で仕上げるそうです。


















画材・道具はつけペンと墨汁と紙というシンプルで気軽に始めることができますが、
遠くから見ると黒の部分も近づくと細かな線の重なりになっていて、線のタッチや強弱によって表現されています。
その緻密さ・根気のいる作業を想像すると「技術」や「職人技」という言葉が浮かびます。

















佐藤先生を含め16名の54点の作品を
ぜひ直で細部までじっくりご覧になってペン画の魅力を感じてみてはいかがでしょうか?



みなさまのご来場をお待ちしています。

[期間] 12月16日(金)~12月21日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※12月21日(水)は18:00終了
[入場料] 無料