topics

topics:くずはアートギャラリー事業 令和33月末に終了します

平成17年4月より、くずはモールで美術工芸作品の発表・展示活動の場として、枚方市と枚方市文化国際財団、京阪ホールディングス(株)による三者のパートナーシップで開始いたしましたくずはアートギャラリー事業を、令和3年3月をもって終了することになりました。

つきましては、事業終了に伴い、令和3年4月以降の利用申込は受付停止となります。これまでの皆様の長年にわたるご厚情に心より感謝申し上げます。

なお、枚方市は今後、令和3年10月に開館予定の総合文化芸術センター(京阪枚方市駅徒歩5分)内に、新たな美術ギャラリーを開設いたします。

くずはアートギャラリー事業終了後は、引き続き総合文化芸術センター内の美術ギャラリーをご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


2016年12月2日金曜日

【全室】 恵艸会書展/林書道教室(書)

ただいま第1、第2展示室では【恵艸会書展】を開催しております。



草心会常任理事の林恵艸先生がご指導されている林書道教室と
朝日カルチャーセンターの生徒さん達の作品を展示されています。

前回は3年前に「暮らしの中の書展」というタイトルで開催されていました。
今回はタイトルは変わりましたが「暮らしの中の書」というテーマは引き継がれています。

書の展示というと漢字がたくさん並んでいて少し固い雰囲気を想像されるかもしれませんが
今回の展示では、かな書体が中心になっていて全体的にふわっとした柔らかさを感じ、
百人一首やパネル、軸や額など展示方法も様々でとても明るい雰囲気です。






生徒さんにお話を伺ったところ、教室もサロン的な雰囲気があり、とても楽しく作品を書かれているそうです。
今回展示されている作品は今回の展示の為に書かれた作品ということで、
生徒さん一人ひとりに先生がお手本を出されたのだそう。
その労力はかなりのものなのにそんな風に感じさせず、
明るくやさしい雰囲気を醸し出すところが林先生の凄いところだと仰っていました。

どうぞ、みなさまお誘い合わせの上お越しください。



[期間] 12月2日(金)~12月7日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※12月7日(水)は18:00終了
[入場料] 無料