2017年4月21日金曜日

【第1展示室】馬に魅せられて/三人会(油彩・デッサン)

ただいま第1展示室では「馬に魅せられて/三人会」を開催しています。
三年前に枚方市民ギャラリーで初めて三人会を開かれ、馬ばかりを描かれるのは大変珍しいと評判になり、当ギャラリーでは初めての展示となります。

三人会のみなさんは乗馬をされていたことがきっかけで知り合い、デッサンを教えられている馬の画家・長瀬智之氏に師事され、その後油彩も教わることになりました。

元々絵を描いていた方もいらっしゃいますが、落馬により骨折されてから馬のデッサンを習い始めた方もいらっしゃいます。
今回展示されている作品はここ1年の間に描かれたもので、昨年秋の全日本アートサロン絵画大賞展に初めて出展し三人共入賞された作品もご覧いただけます。
会の方々にお話を伺ったところ、かつて心が病んでいた時に馬のセラピーを受けられ、
「いろんなことがあっても馬と接していると治る」、「馬は気持ちをわかってくれる」というように馬とコミュニケーションが取れていると実感されました。

馬と触れ合ったり数々の写真をいろんな角度から見て馬を描かれるのですが、特に骨格や筋肉を描くことはとても難しいそうです。
 
習い始めの頃は馬の他に人物等のモチーフも一緒に描いたら先生に見てもらえなかったこともあったとか。
また、みなさんそれぞれに「今は馬の髪ばかり描く!」とか「今は全体像を描くことにハマってる!」といったマイブームが訪れるというお話をお聞きして、好きなことにこだわるってこういうことだなぁと同意出来るものがありました。(馬を描き続けた経験はありませんが…)

展示されたそれぞれの作品で様々な馬の表情をご覧いただけます。
是非お誘い合わせの上お越し下さい。

「今後も馬を描き続けたい!」と仰っている三人会のみなさんに馬も魅せられているのではないでしょうか?

[期間] 4月21日(金)~4月26日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月26日(水)は18:00終了
[入場料] 無料