2017年5月26日金曜日

【第2展示室】福山まり人形教室展 創作人形と縮緬遊びの世界 (人形・古布手芸)

ただいま第2展示室では「福山まり人形教室展 創作人形と縮緬遊びの世界 」を開催しています。















こちらの教室は楠葉にある〈ギャラリーアクセス〉で活動されており、
当ギャラリーでは初めての展示となります。
会場には和・洋の人形を中心に、羽子板などの季節の小物や押絵、
色鮮やかな細工ものがずらりと並んでいます。
















教室の活動自体は場所を変えながら20年近く続けておられ、生徒さんは布の好きな方、
人形の好きな方、また絵の世界から立体に興味を持って参加された方
それぞれにきっかけは違うそうです。
福山先生に教室の様子を伺ったところ、
「京都で教室を始めてから長く続けてこれたのは、やっぱりいつもいい仲間がいるからだと思います。
今はお人形、小物の作り方も本やネットで独学する方も多いですし。
だから、うちでは教える、というより誰かと一緒に作って、お互いに楽しんだり刺激を受ける
という感じですね。」とのこと。

















作品を見ていると、どれも場面の演出や小物までとても細かく作りこまれていて、
溜息をつくお客様も多いよう。
「お人形を作っていると、それに合わせて置きたい、持たせたいものがどんどん増えていくんです。
あと、着せるものや靴も作るし、髪の毛も自分で付けるから美容師みたいなこともします。
自分の思った表現をするのにあわせて、あれもこれもと引き出しが増えていきますね。
展示については、細かい作品がどうしても多くなるので、ごちゃごちゃしないよう
配置するのに気を配りました。」
















年月を経た古布の色彩や、かわいらしさの中にも少し妖しさを感じさせるお人形達が、
黒い舞台に映えて、一段と魅力が増すようです。
どうぞみなさまお誘い合わせのうえ、お越しください。




[期間] 5月26日(金)~5月31日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※5月31日(水)は18:00終了
[入場料] 無料