2017年6月9日金曜日

【第2展示室】伊藤若冲 生誕300年記念 西陣美術織 若冲動植綵絵30図展 /西陣美術織工房(西陣美術織)


ただいま第2展示室では、
伊藤若冲 生誕300年記念 西陣美術織 若冲動植綵絵30図展 /西陣美術織工房を開催しています。
当ギャラリーでは初めての展示となります。
30点の伊藤若冲の動植綵絵を西陣織で再現した作品を作られています。
職人さんは7人ほどいらっしゃいますが、作品制作には織る人だけでなく、
糸の色を決める人、糸を染める人など分業制になっていて、26の工程がありそれぞれに多くの人が関わって作品が作られています。
下準備だけでも20工程ほどを占めているそうです。
全ての工程を経て制作される期間は約1年。
織る作業だけでも2ヶ月程を要します。

1作品につき縦2700本、横15000本の糸で織られています。
会場で貸してもらえるルーペで作品を見ていただくとわかりますが、
たとえば白っぽい色に見える部分も様々な色の組み合わせで出来ています。
キラキラしていてとてもキレイで、これだけ見ていても楽しめます。
作品の細かさがわかるのでルーペで見ていただくことをお薦めします。
 
会場では若冲・総選挙も行われています。
配布されている用紙にお気に入りの作品の番号を書いて投票箱に入れて下さい。
投票された方には「若冲絵はがき」がもらえます。 

西陣織は技術の継承が難しいとお聞きしていますが、
今回の展示をご覧になると、この技術は残してほしいと思われることでしょう。

みなさまお誘い合わせの上お越し下さい。

[期間] 6月9日(金)~6月14日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※6月14日(水)は18:00終了
[入場料] 無料