2018年3月30日金曜日

【第2展示室】芸大・美大受験くずはアートスクール作品展

ただいま第2展示室にて「芸大・美大受験くずはアートスクール作品展」を開催しています。
「くずはアートスクール」は、楠葉で画材・文具店とギャラリーアクセスを運営されている
アートセンターハヤカワが開講されている教室です。
芸大・美大を志望する中学生・高校生による「芸大・美大受験くずはアートスクール作品展」は昨年に続いて今回が2回目の開催となります。

中学生作品、高校生作品にそれぞれ分けて展示されています。
こちらは中学生作品。

絵を描くことを好きな方々が講師の先生に基礎からきっちりと教わったことを素直に吸収し、これから目指す無限の可能性に向かっていくみなさんの瑞々しさを思わせるようです。

こちらは高校生作品。

経験と時間を重ねられ、影も丁寧に描かれていて重さも感じさせます。
これからの方向性が固まって、目指すところに向かってイメージするものの輪郭がはっきりとしてきたからこその落ち着いた印象を受けました。


 技術や技法だけでなく、ただ好きで描いているだけでは身に付かないことを
確実に教わっていらっしゃることが作品に表れているように思います。

これから夢に向かわれる中高生の方々はもちろん、ご指導されてきた講師の先生方の努力の結晶を是非ご覧ください。

アートセンターハヤカワHP:http://www.art-hayakawa.com/

※アートセンターハヤカワで開講されている他の教室の情報は、
当ギャラリーで発行している、くずはアートギャラリー情報誌「Kagi」に掲載しております。
くずはモール駅側入り口、ギャラリー内ほかにて配布しております。


[期間] 3月30日(金)~4月4日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】築田ひろみ展

ただいま第1展示室では「築田ひろみ展」を開催しています。

こちらは当ギャラリーでの展示は初めての開催となります。
絵を描き始めたきっかけについてお話をうかがったところ、
趣味で始めた陶芸に絵付けをしたいと思い、最初に水彩画の教室へ入られたそうです。
そしてしばらくしたころ、
「そこでの作品がどれも似ていて、どれがだれの絵か分からなくなっていたんです。
それで、その教室はやめたんです」
その後、絵画の同好会や基礎デッサンへ通ううち、美大の通信教室へ通っていた方と知り合い、
ご自身も京都造形芸術大学の通信教育部で美術を学ばれました。

築田さんの作品から、まず目に入るのは鮮やかさや動きを感じる色彩。
一見、抽象画かな?と思う方もおられるそうですが、これらはご自身が目にした
身近な風景を描かれています。
「見たことのない景色は描けないので、実際に行って、見て、スケッチして、
そこから広げていきます」
しばらく見ていると、柔らかなフォルムの中から公園や木々が立ちあがってくる感覚が
とても心地よく思えます。


「大学へ進むとき、絵にするか陶芸にするか迷ったんですけど、将来的に家に窯を作るのは大変だと思って、絵を選びました。
入ってから、基礎をしっかり習って進級した後に先生に今日から基礎を忘れろって言われたんです。自由に描くってどういうことだろうってとても悩みました。ただ、若い学生さんやいろいろな人の作品を見ていると、こんな風に描いてもいいんだ!って、とても刺激をうけて」
これまでも、3年ごとに個展を開催されたり公募展へ出展されたりと制作活動を続けておられます。
これからの目標や、してみたいことについては
「興味を持ったことについて学んだり深めていくのが好きなので、
そのなかで刺激を受けながらどんどん変わっていきたいですね。
そうしながら、自分の世界を作っていけたらいいなって思っています」とのこと。
5年後、10年後の作品はどんなふうになっているのか、鑑賞するこちらも楽しみですね。
ぜひ皆さまお誘い合わせのうえお越しください。


[期間] 3月30日(金)~4月4日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2018年3月27日火曜日

空き室状況と申請受付日についてのご案内

くずはアートギャラリー空き室状況を更新いたしました。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/


現在、2018年7月6日(金)から2019年4月3日(水)までの利用申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回の申請受付は、2018年4月1日(日) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
2019年4月5日(金)~2019年5月1日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

2018年3月25日日曜日

4月の展示会一覧

4月の展示会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。


・第1展示室  長谷川貞信画塾 第41回萌黄会日本画展 (日本画)
・第2展示室  杉野真佐代 染織展 (織)

・第1展示室  地の果てⅢ / 石川元(油彩)

・第1展示室  田中幸太郎写真展 【枚方風土記】より~枚方市所蔵作品ミニ展示~(写真)

・第1展示室  ポエムノール北山洋画教室展  (油彩・水彩)
・第2展示室  柳澤浩幸展  (油彩)


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

4月の展示会 4月27日(金)~5月2日(水)

【第1展示室】ポエムノール北山洋画教室展 (油彩・水彩)

ポエムノール北山集会所で第2、第4木曜日に絵画教室を行なっています。
小倉麻子先生が創設され、小倉百合子先生に、そして私が一昨年の9月に3代目のバトンを受け取って、
およそ3年半の月日が経ちます。
そこでおととしの7月以来、2度目の展覧会をくずはアートギャラリーで開催致します。
小倉麻子先生が創作された貴重な人形作品をお借りし、モチーフとした作品を始め、
一人一人、個性豊かな意欲的な作品が並びます。この機会に是非足をお運び頂きたくご案内申し上げます。
講師 柳澤 浩幸


【第2展示室】柳澤浩幸展 (油彩)

この度くずはアートギャラリーで20167月以来の個展を開催致します。
日展入選作品を含めた100号を5点と、同じ立ち位置から描かれた写生作品を並びに、
小品等を中心に展開する予定です。この機会に是非ともご高覧下さいます様ご案内申し上げます。
柳澤 浩幸


[期間] 4月27日(金)~5月2日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※5月2日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

4月の展示会 4月20日(金)~4月25日(水)


【第1展示室】田中幸太郎写真展 【枚方風土記】より 
~枚方市所蔵作品ミニ展示~(写真)
田中幸太郎「枚方菊人形」
田中幸太郎「山田池公園」

枚方市所蔵の田中幸太郎作品の中から【枚方風土記】と題された写真作品より15点を集めました。
田中幸太郎さんは、1901(明治34)三重県に生まれ、のちに大阪船場で
創作写真グループ「稚草社」を創立、関西写真界の中心メンバーとして活躍されました。
1964(昭和39)には枚方市民となられ、「日本の原風景・河内」シリーズなど
写真家として活躍され多く受賞されました。
枚方の原風景の記憶を作者の視点でご覧いただければと思います。


[期間] 4月20日(金)~4月25日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月25日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

4月の展示会 4月13日(金)~4月18日(水)

【第1展示室】地の果てⅢ / 石川元(油彩)

「天国への道は長く苦しい」
キリスト教系の幼稚園で真っ暗なホールでスライドを見せられ、話を聞くことがあった。
現実には天国は存在せず、長く苦しい道だけが続くのだ。
「地の果て」は私の現実の果てのイメージである。 
そこには誰もいない。巨人・巨像のようなものしか存在しない。
何かしらの感情の象徴も含む風景である。
言葉で表すことが出来ないものを感じていただけたら幸いに思う。


[期間] 4月13日(金)~4月18日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料



4月の展示会 4月6日(水)~4月11日(金)

【第1展示室】長谷川貞信画塾 第41回萌黄会日本画展 (日本画)

今年は寒さ厳しく大雪の便もとどき大変な年の始まりです。
今年もまたくずはアートギャラリーで作品展を開催させていただけること、とても嬉しく思っております。ここ数年神話からヒントを得た作品を描かせてもらっています。今回は「因幡の白兎」を。
サメをだました白兎が仕返しに毛をはがれ、海水で洗えば治るとだまされ苦しんでいる所に通り合わせた大国主命(おおくにぬしのみこと)が、がまの穂から弾けて出てくるわた毛の様な物で兎の体を包み、元の毛並にもどし助けるというお話です。後に兎が御恩返しをしたそうです。
まだまだいろんな神話があります。次の作品何を描こうか楽しみにしています。
教室の皆さんの一年頑張った作品、どうか御来場、御批評いただけます様お待ち申し上げます。
五世 長谷川貞信


【第2展示室】杉野真佐代 染織展 (織)

いくつものグループ展を経験しましたが、個展を開くのは初めてのことです。
昔日本では、機織りをする事は生活の一部でした。
今では織物をしているところを、見たこともない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回出品する作品は、二重織りという技法を使って織った額装とタペストリーを
中心としたものです。二重に織ったからこそ現れる複雑な色の変化を、見ていただきたいと思います。



[期間] 4月6日(金)~4月11日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月11日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2018年3月23日金曜日

【第2展示室】花のロンド 春うらら展

ただいま第2展示室では「花のロンド 春うらら展」が開催されています。

こちらは日本絵手紙協会・公認講師の西田永子先生が指導されている
6つの絵手紙教室による合同展示で、八幡市、城陽市、毎日文化センターで活動されています。
教室にはそれぞれ花の名前がついており、みんなで楽しく絵手紙を学ぼうという気持ちを
「花のロンド」という総称で表しているそうです。
当ギャラリーでは4年振りの展示会となり、楽しみにされていたお客様も多いのではないでしょうか。

会場には、春らしいピンク色の台紙に作品がずらりと並んでいます。
季節のあいさつや親しい方へ宛てたもの、どの絵手紙も送る相手への気持ちが表れているのでしょう、
とても優しくあたたかさを感じます。
絵手紙は下書きなしで一気に描きあげ、すぐに投函するとか。そうした臨場感も魅力ですね。


「ヘタがいい ヘタでいい」を会のモットーにされており、そのとき誰かに伝えたい、
贈りたいという気持ちを大切にされています。
描き続けるうちに上手くなりたいと目標を持つ方も多いそうですが、
テクニックとしての上手さを磨くのではなく、よりよく素直に伝えるために、
自然と上を目指すのだそうです。
画材も決まりはなくペンやパール入りの絵具など、自由に選ばれています。
また、会では気候のよい時期に野外で合同スケッチもされています。
生徒さん同士の親睦も深まりそうですね。



会場には西田先生の師である小池邦男様の絵手紙も展示されております。
どうぞお誘い合わせのうえお越しください。

[期間] 3月23日(金)~3月28日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※3月28日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】川合秀寿書道教室展

ただいま第1展示室では「川合秀寿書道教室展」を開催しています。

当ギャラリーでの教室展の開催は今回がはじめてとなります。

川合先生はこれまでに阪口秀岳書芸院展に共同参画しておられ、
当ギャラリーにおいても何度も出展されていたので
今回がはじめての展示というのはとても意外な感じがします。

川合秀寿書道教室は20年ほど活動されており、4年ほど前に本拠地を八幡へ移されました。
今回の展示では20名の方々が出展されています。

「茶会に見る漢詩」ではみなさんそれぞれが書きたいと思われた漢詩を選んで書かれており、
大きさや書体は自由だそうです。

こちらは「枕草子」序文をみなさんそれぞれが分担して書かれ、
パネル17枚で連なる作品となっています。

今回の展示に向けて去年の6月から準備されていたそうです。
作品のレイアウトなど細部にまでこだわりを感じます。
川合先生は開催までに何度もギャラリーに足を運ばれ、他分野の方々の展示もご覧になり、
われわれスタッフにも展示方法などについて質問されていらっしゃいました。
そんな努力が見事に形になっているのを見ることが出来、
いろんなことを参考にして吸収されてきた賜物だと思いました。

みなさま是非お誘い合わせの上お越しください。

[期間] 3月23日(金)~3月28日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※3月28日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


2018年3月16日金曜日

【全室】京都大学美術部卒業展覧会


ただいま第1、第2展示室では「京都大学美術部卒業展覧会」を開催しています。
毎年この時期に開催されている京都大学美術部のみなさんによる展示も今回で7回目になりました。
毎回楽しみにしているユニークなサブタイトルは「挙句のは展」となっています。
今回もその伝統は守られました。
 

部員の方にお話をうかがったところ、普段は医学部、農学部、法学部、文学部、工学部、総合人間学部、理学部といった別々の学部の方々が週に2回集まってクロッキーやデッサンをされるそうです。基本的に屋内での作業ですが、それぞれに旅行された風景を描いたり、大きな作品の制作は自宅でされるそうです。
今回の展示では10人の方々が1人につき5点まで出展されていています。
作品はこれまで美術部在籍中に描かれた集大成のようなものもあれば、今回の展示の為に新たに制作されたものもあります。
今回の合作のテーマは「自分を表すもの」
共同制作という意味ではなく、ひとつのテーマのもとにみなさんそれぞれが作品を作られました。
テーマが同じでも作品はそれぞれとても個性的です。

キャプションや配布されている目録に書かれている丁寧な解説を読んでいると、みなさんそれぞれの興味の対象や考え方、人柄も少し窺えます。是非アンケートに感想をお書きください。

搬入作業の時もとても賑やかで楽しそうにされていました。
そんなみなさんもこの展示終了後には卒業され、大学院、就職とそれぞれの道に進まれます。
芸術系の大学ではなく、専門分野も様々で今後の進路において美術とは疎遠になってしまうかもしれませんが、みなさんが美術部で培われた芸術性と連帯感は将来必ず支えになってくれるのではないでしょうか?

みなさまお誘い合わせの上お越しください。


[期間] 3月16日(金)~3月21日(水・祝)
[開館時間]10:00から19:00まで ※3月21日(水・祝)は18:00終了
[入場料] 無料

2018年3月9日金曜日

【全室】湯田和園 押し花アート25周年記念 花浪漫展 & カルチャースクール花牧場 押し花サロン・押し花工房テッサリア門下生 作品展

ただいま第1・第2展示室では、先週に引き続き「湯田和園 押し花アート25周年記念 花浪漫展 &  カルチャースクール花牧場 押し花サロン・押し花工房テッサリア門下生  作品展」を開催しています。


本日より1展示室の門下生の方々の作品を入れ替えて展示されており、
桜を主題にした作品や和を感じるモチーフ、野菜を使った作品など
先週とはまた違った雰囲気をお楽しみいただけます。
展示替えを楽しみに、あらためて来館されたというお客様も多く大変賑わっています。
また、会場内では湯田和園先生の作品集やしおり、ファイルなどオリジナルグッズの
販売コーナーもあり、そちらも好評です。
 

先週のブログでもお知らせしましたが、湯田和園 押し花アート25周年記念 花浪漫展 &  カルチャースクール花牧場 押し花サロン・押し花工房テッサリア門下生  作品展」としての展示は今回が最後となります。
25年の集大成を是非ご覧ください。


[期間] 3月9日(金)~3月14日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※3月14日(水)は18:00終了
[入場料] 無料




空き室状況と申請受付日についてのご案内

くずはアートギャラリー空き室状況を更新いたしました。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/


現在、2018年7月6日(金)から2019年4月3日(水)までの利用申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回の申請受付は、2018年4月1日(日) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
2019年4月5日(金)~2019年5月1日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

2018年3月3日土曜日

空き室状況と申請受付日についてのご案内

くずはアートギャラリー空き室状況を更新しています。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/


現在、2018年7月6日(金)から2019年4月3日(水)までの利用申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回の申請受付は、2018年4月1日(日) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
2019年4月5日(金)~2019年5月1日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

【Kagi vol,146 2018.3】 情報誌「kagi」3月号のお知らせ

情報誌「Kagi」の最新版、3月号がただいま配布中です。
平成30年4月の展示会スケジュールや、空き室情報などを掲載しております。

(公財)枚方市文化国際財団、枚方市内公共施設他、くずはアートギャラリー、


くずはモール駅側入口などにござますので、ぜひご覧ください。








2018年3月2日金曜日

【全室】湯田和園 押し花アート25周年記念 花浪漫展 & カルチャースクール花牧場 押し花サロン・押し花工房テッサリア門下生 作品展

ただいま第1・第2展示室では、「湯田和園 押し花アート25周年記念 花浪漫展 &  カルチャースクール花牧場 押し花サロン・押し花工房テッサリア門下生  作品展」を開催しています。

当ギャラリーにおいては約2年振りの開催です。
今回で25周年ということで2週間に亘る展示となり、湯田先生の新作を含めこれまでの作品を集められた集大成となる展示と、前回の展示終了後から今回の展示までの間に門下生の方々により制作された展示とがお楽しみいただけます。
 
 
今回のみなさんでの共同作品は感謝の気持ちを込めて作られたこちらの作品です。
先生、門下生の方々や会場でプレゼントとして配布されている押し花のしおりを作るボランティアの方々全員で作られました。
 
25周年という大事な節目となりましたが、今回が最後の展示となります。
湯田先生作品は新作も展示されており創作意欲に溢れていらっしゃいますが、
「出来なくなってから終わるよりも、出来るうちに、いい時に終わりたい」と決断されました。
 
今までで一番印象深かったことを門下生の方に伺ったところ
「何よりも湯田先生の存在の大きさ。
みんな最初は押し花に興味を持って習い始めるのですが、技術的なことを教わるだけでなく、湯田先生の作品づくりに対する姿勢やお人柄に惹かれ、毎回のレッスンが楽しかった。先生も同じことをおっしゃっていました。」とのことです。
とても勿体なく残念な気持ちになりますが、作品制作を続けられる限り
きっとまた何か別の機会があればいいとおっしゃっていました。
 

来週3月9日(金)からは門下生の方々の作品の展示替えのあと、もう一週間開催されます。
是非お誘い合わせの上お越しください。

[期間] 3月2日(金)~3月14日(水)※3月8日(木)休館
[開館時間]10:00から19:00まで ※3月14日(水)は18:00終了
[入場料] 無料