2018年6月29日金曜日

【全室】中村翠芳(清筆会)書作展

ただいま第1・第2展示室では、「中村翠芳(清筆会)書作展」を開催しております。
中村翠芳先生は小学1年生の時に書道を始められ、15歳の時に書道研究璞社(ぼくしゃ)の会員となり、
初代会長の小坂奇石先生、現会長の江口大象先生に師事。
30代で璞社の役員になり、今年還暦を迎えられました。
今回の展示は書の一区切りとしての記念の書作展です。

いろいろなジャンル、書体の作品が並んでいるので、一人一点ずつ出展されているのかと思いましたが
ほとんどが中村先生の作品です。

今までに書いてこられた作品を集めたのではなく
去年から5~6ヶ月で56点の作品を書かれたそうです。
こちらの作品は3時間ほどで一気に書き上げられました。(1枚約30分!)


ご来場のお客様方からは「一文字一文字に気持ちが入っている」
「見応えがあるからまた観に来たい」とのお声をいただいています。

学生時代は美術部に所属されていて、将来は美術の道へ進みたかったと仰っていました。
美術も書道も経験されてきたからこそ、書を描き絵を書くことが出来るのではないかと思います。
作品をご覧になると美術経験が活かされていると感じていただけるのではないでしょうか。
 
 

こちらは中村先生が御指導されている清筆会のみなさんの作品です。
清筆会は3年ほど前に作られ、
小学生から先生と同年代の方までという幅広い年齢層の4人のお弟子さんがいらっしゃいます。
作品は今回の展示の為に制作されました。


中村先生は今回のような規模の書作展はたぶんこれが最後と仰いますが、
これからも長く続けていただきたいと思います。

是非お誘い合わせのうえお越しください。

[期間] 6月29日(金)~7月4日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※7月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2018年6月26日火曜日

空き室状況と申請受付日についてのご案内

くずはアートギャラリー空き室状況のお知らせです。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/


現在、2018年11月30日(金)から2019年7月3日(水)までの利用申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回の申請受付は、2018年7月1日(日) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
2019年7月5日(金)~2019年7月31日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

2018年6月24日日曜日

7月の展示会一覧

7月の展示会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。




・全室  中村翠芳(清筆会)書作展 (書)

・第1展示室  「大阪美術学校西洋画部 教授 斎藤与里と学生たち」
~枚方市所蔵作品ミニ展示~(油彩)

・全室  第3回オレンジの森・りんごの森絵画展 / ねやのさと福祉会
(水彩・写真・映像・ほか)

・第1展示室  マザー・グース35周年展 /子供手芸教室マザー・グース(手芸)
※会期中ワークショップ・イベント(予約不要)
・721日(土)フェルトボール作りワークショップ(終日実地)
・722日(日)パントマイム公演 開演1400

・第1展示室  癒される水彩画教室絵画展 / 水津俊和(水彩)


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

7月の展示会 7月27日(金)~8月1日(水)

【第1展示室】癒される水彩画教室絵画展 / 水津俊和(水彩)

今回の「癒される水彩画教室」絵画展は、朝日カルチャーくずは教室会員有志と
講師の作品60点を展示します。
講師が撮った日本の四季折々の美しい写真をモチーフに、鉛筆コンテまたは濃いえんぴつで
ドローイング調に生かした素描線に透明水彩絵具で着色した珠玉の力作です。


[期間] 7月27日(金)~8月1日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※8月1日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

7月の展示会 7月20日(金)~7月25日(水)


【第1展示室】マザー・グース35周年展 /子供手芸教室マザー・グース(手芸)

男山団地で始まった子供のための手芸教室です。
「お子さんに針を持たせてみませんか?」と呼びかけました。
クッション、カバン、人形作りとすすむうちに、ボタンつけ、アイロンがけ、ゴム通しなど、
ひと通りの手仕事が体験できます。壁かけやフェルト作りも楽しんでいます。


■会期中ワークショップ・イベント(予約不要)
・721日(土)フェルトボール作りワークショップ(終日実地)
・722日(日)パントマイム公演 開演1400


[期間] 7月20日(金)~7月25日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※7月25日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

7月の展示会 7月13日(金)~7月18日(水)


【全室】3回オレンジの森・りんごの森絵画展 / ねやのさと福祉会
(水彩・写真・映像・ほか)

オレンジの森、りんごの森は、総勢64名の、様々な障がいをお持ちになられた利用者の方が通われている
障がい者施設です。「すべては笑顔のために」を方針に、利用者の皆さんに彩りある人生を
送っていただきたいという思いで日々、取り組んでいます。
利用者の方の、言葉にならない思いや、豊かな感性を、沢山の方に見ていただき、
知っていただきたいという思いで、今回3回目となる絵画展を開催させていただく事となりました。
今回のテーマは「風景・生きる・躍動」です。楽しんでご鑑賞いただければ、幸いです。

[期間] 7月13日(金)~7月18日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※7月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

7月の展示会 7月6日(金)~7月11日(水)


【第1展示室】「大阪美術学校西洋画部 教授 斎藤与里と学生たち」
~枚方市所蔵作品ミニ展示~(油彩)


「志摩波切風景」 斎藤与里

昭和4年に大阪天王寺区から枚方御殿山に拡張移転されてきた大阪美術学校は、
創設者で校長の矢野橋村をはじめ、日本画家の福岡青嵐、洋画家の斎藤与里などが務め、
近代的な学校運営がなされました。
自由な校風で学んだ卒業生たちは、帝展などへの入選入賞だけでなく各種の美術団体を結成し、
大阪画壇活況の一翼を担いました。
現在、跡地には御殿山生涯学習美術センターが建設され、市民の美術創作の場として親しまれています。
今回は枚方市所蔵作品の中から、西洋画部ゆかりの作家たちの油彩画を紹介します。


[期間] 7月6日(金)~7月11日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※7月11日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

7月の展示会 6月29日(金)~7月4日(水)


【全室】中村翠芳(清筆会)書作展 (書)


今年還暦を迎え、子どもの頃から続けてきました書の一区切りとして、記念の書展を開催することとなりました。 
璞社、初代会長小坂奇石先生、現会長江口大象先生の御指導の元、璞社に所属しております。璞社の真髄、直筆蔵鋒の本格的な線質を目指すも、奥が深い世界、到達出来ないままです。今だ拙ない書ではありますが、これからも精進して行く所存であります。
お稽古をしている生徒さん共々、精一杯書き上げた作品です。お見苦しいとは思いますが、これからも御指導いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


[期間] 6月29日(金)~7月4日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※7月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2018年6月22日金曜日

【第2展示室】スケッチサークル・モネ&ミレー水彩画展

本日より第2展示室では、スケッチサークル・モネ&ミレー水彩画展を開催しています。


こちらは中西文彦先生が指導されている、野外スケッチを中心としたサークルの展示会です。
前身となる「スケッチサークル・ピカソ」から10年以上にわたって活動されています。


夏や冬など、気候の厳しい時期は室内で静物や技法の講習をされていますが、
やはり醍醐味は月1回ペースで行う合同での野外スケッチ。
メンバーの方によると、
「家に帰ってから写真を元に仕上げることもありますが、現場で描き上げる方が
気持ちが乗るというか、いいものができますね。
ちょっと気に入らなくて、元のスケッチを参考に描きなおしてみたこともありますが、全然良くない。
その場の感じが出ないんですね。
疲れることもあるけど、その場で試行錯誤しながら描いた絵のほうが、やっぱりいいんです」

展示されているのは京都のアグネス教会や白川通りなど、親しみのある風景。
どことなく風通しの良い涼しげな空気感があり、見ていてとても気持ちがいい作品ばかりです。



メンバーの方にはサークルの初期から参加されている方もおられ、お仲間が個々の事情で
やめていく中、長く続けているのは中西先生の指導が理由の一つとのことでした。

「まず、「うまく描こうと思わなくていい」って言ってくれるんですよ。
先生によって大事にするポイントは違うんでしょうけど、うちではまず楽しむことを大事にしてくれる。
どんな絵でも、いいところをひとつは見つけて、そのうえでもっと良くなるよう教えてくれるので、
それぞれの持ち味が出るというかね。
同じ場所でスケッチをしても、みんな捉える部分も表現もちがうし、そういうところが
面白くて続いてるのかな、と思います」

時間を忘れて絵に向かうひとときは、いいものだと思いますねと充実した表情でお話されていました。


今回、中西先生は水彩画と、切り絵を展示されています。
切り絵は洋雑誌のページを素材にしたもので、こちらも洒落た雰囲気が感じられます。
みなさまどうぞお誘い合わせのうえ、お越しください。


[期間] 6月22日(金)~6月27日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月27日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】第17回愛しの植物画合同展

ただいま第1展示室では第17回愛しの植物画合同展を開催しています。



当ギャラリーでは3回目の展示会。
愛しの植物画会としては17回目の今回は、
主宰の井上良子先生が教えていらっしゃる
「朝日カルチャーセンターくずは教室」と「アークオアシス京都八幡店」のカルチャースクール、そして「介護付特別有料老人ホーム あおい」のみなさんの合同展になります。





絵に描かれた花々にその作者の人柄が映し出されているようで、
作品1点1点からイキイキとした個性が感じられる展示会です。
 

作者の方々が「植物画」についての思いや感想を集めたコーナーがあるのですが、
その言葉を読んでからもう1度作品の前に立つと、井上先生がおっしゃる「対話しながら描く」ことの意味が理解できるようで、ぐっと絵に近づく印象を受けます。



今回、展示で参加されている「老人ホームあおい」の作品の中には
最高齢の104歳の方の作品もあり、みずみずしい魅力にあふれています。




また、会期中6月23日(土)にはイベントも開催されます。
イベント開催日:6月23日(土)
■時間:13:30~14:00
ギャラリーセミナー 京阪園芸ガーデナーズ「魅せる植栽の方法」
■時間:14:00~14:30
童謡百年ギャラリーコンサート「井上良子のうたの贈り物」
うた:米谷優 ピアノ:藤井梢


どうぞ皆様お誘い合わせのうえお越しください。


[期間] 6月22日(金)~6月27日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月27日(水は18:00終了
[入場料] 無料

2018年6月19日火曜日

くずはアートギャラリー営業再開のお知らせ

本日くずはアートギャラリーは通常通り営業しております。
来館予定の方は、どうぞお気をつけてお越しください。

※くずはモールの営業につきましては、くずはモール公式ツイッター https://twitter.com/KUZUHA_MALL
くずはモールHP http://kuzuha-mall.com/ 等でご確認ください。

2018年6月18日月曜日

くずはアートギャラリー臨時休館のお知らせ

【臨時休館のお知らせ】 本日、くずはアートギャラリーは地震の影響により、臨時休館させていただきます。
 ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんがご理解いただきますようお願いいたします。 明日以降の営業は、くずはモールの公式ホームページ公式ツイッター等をご確認ください。

2018年6月16日土曜日

【第2展示室】二人展 / 彗陽会

ただいま第2展示室では西田美千代さん、西川厚子さんによる「二人展 / 彗陽会」を開催しています。

お二人は絵画教室「彩の会」のメンバーで、以前当ギャラリーで開催された教室展に
出展されたことがありますが、二人展は今回が初めて。これまでに描きためた34点が展示されています。

作品は油彩、水彩、パステルに鉛筆とさまざまな画材を使って描かれています。
「本当は画材もひとつに決めた方がいいのかなとも思うんですけど、好奇心が強いので
いろいろ使ってみたくなるんです。クレヨンも初めは子ども向けのイメージがありましたが、
実際に使ってみるとこんなふうに描けるんだ、と思いました」とお話されていました。



お二人とも子どもの頃から絵を描くことが好きで、教室に通う以前から
美術部や地元のサークルに参加するなどして楽しまれていたそう。

「初めは習わずに好きなように描いていたんですけど、どこかで思うように
できないところが出てくるんです。それで絵の基礎を教えてくれる所に通って」
「球や三角錐を描いたり、デッサンを習うのは楽しかったですね。
教室へ行くと絵に向かえる環境があるので、家で描くよりも集中しやすいのも良い点でした」

画材だけではなく、モチーフもバラエティーに富んでいます。空想から制作された作品もあり、
筆をどこで止めるかが難しいのでは?と伺ったところ
「こうした作品は、一人でずっと描いていると分らなくなってくるので、
先生にアドバイスをもらったりします。先生が「もういい」って言うんなら、そうかな?って」



ほかにも、制作しながら新しい興味が湧いたり深めたい技術が見つかるのに合わせて
いろいろな教室へ通ったり、短期の講座などもうまく活用されていて、
お二人とも描くことへのバイタリティーに溢れておられます。
まだまだしてみたいことがたくさんあるんですよ、と楽しそうにおっしゃる様子を見ていると、
好きなこと、打ち込むことがあるっていいな、と素直に感じられます。
ぜひ、お誘い合わせのうえお越しください。


[期間] 6月15日(金)~6月20日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月20日(水は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】第51回 枚方書壇展

ただいま第1展示室では第51回 枚方書壇展を開催しています。
年に1回開催されている枚方書壇展は今回で51回目となり、
当ギャラリーにおいても12回目となりました。

今回は9人の先生方と門下生の方々による55点の作品が展示されています。
6才から90才代までと幅広い年齢層の方々の力作をご覧いただけることもあり
毎年この時期の展示を楽しみにしておられる方々もいらっしゃるのではないでしょうか。



山田先生にお話を伺ったところ、
お題は決めずにみなさんが気になっていたり、好きな言葉を選んで好きな書体で書いておられるそうです。

ご自分の得意分野を極めるだけでなく、毎年のこの展示で他の方々の作品をご覧になって
「次はこういう作品に挑戦してみたい」と刺激を受けて、
次の展示に向けて試行錯誤しながら作品づくりをされるとのこと。


長く続けられていることについて伺うと、
「次の世代に教室を引き継ぐことは出来るけど、技術を教えるだけでなく、思い切らないと人には教えられない。失敗の連続になってしまう。その思い切りが難しい。」と仰っていました。
この「思い切り」というのは人に教えていくという強い責任感と決意のことで、
ここまで長く引き継がれてきている核だと感じました。
また、「人に教えるのと同時に自分も成長していく」という言葉がとても印象的でした。

展示をご覧になると引き継がれてきた思いも感じていただけると思います。
是非お誘い合わせのうえお越しください。

[期間] 6月15日(金)~6月20日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月20日(水は18:00終了
[入場料] 無料

2018年6月8日金曜日

【全室】第22回木犀会日本画展

ただいま第1・第2展示室では、木犀会のみなさんによる「22回木犀会日本画展 」を開催しております。

木犀会は枚方市在住の日本画作家、故沢田実先生が1980年に創設されたグループで、
約2年に1度のペースで展示会を開かれています。
メンバーは団体展へ出展されている方や、ご自身で教室の指導を務めている方など
それぞれに活動されており、展示のたびに集い、会として長く続けておられます。



作品は50、60号の大きなものや小品がリズムよく展示され、今回もとても見応えが感じられます。
葉の一枚一枚まで緻密に描きこまれた様子や、見る距離で印象を変える色合いの微妙さなど、
思わず引き込まれてしまうような気持ちになります。

代表の青木さんにお話を伺うと、

「前回は大きい作品・小さい作品というふうに分けて展示したんですけど、
今回はパネルの配置を少し変えたり、作品の大きさも混ぜて並べたので見やすくなったかな、と思います。
制作については日本画の場合、絵具を何度も塗り重ねながら色や陰影を作っていくので、
大きさにかかわらず、スケッチや下絵も含めると短くても10か月から1年はかかりますね。
沢田先生が他界されてからは、みんなそれぞれの場所で発表したり教えたりとがんばって
絵を続けていますので、こうやって集まることができています」

とのことでした。
会場に漂う凛とした空気感は、みなさんの日々の研鑽があってこそ醸し出されているのかもしれませんね。


どうぞお誘い合わせのうえ、くずはアートギャラリーへお越しください。


[期間]6月8日(金)~6月13日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月13日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2018年6月1日金曜日

空き室状況と申請受付日についてのご案内

くずはアートギャラリー空き室状況を更新しました。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/


現在、2018年11月30日(金)から2019年7月3日(水)までの利用申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回の申請受付は、2018年7月1日(日) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
2019年7月5日(金)~2019年7月31日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

「塔本賢一遺作展~塔本賢一の旅路~」開催中止のお知らせ

201861日(金)~66日(水)に展示を予定しておりました
「塔本賢一遺作展~塔本賢一の旅路~」は主催者都合により開催中止となりました。
来館を予定されていた皆様におかれましては、どうぞご理解の程よろしくお願い申し上げます。

上記期間中くずはアートギャラリーでは、メセナひらかた会館にて展示されていた
塔本賢一作品「NIPPON 鶴の図Ⅰ」1点を展示しております。


[期間] 6月1日(金)~6月6日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月6日(水は18:00終了
[入場料] 無料