2018年7月13日金曜日

【全室】第3回オレンジの森・りんごの森絵画展 / ねやのさと福祉会


ただいま第1、第2展示室では「第3回オレンジの森・りんごの森 絵画展」を開催しています。

寝屋川市内にある「福祉施設 ねやのさと福祉会」の支援施設「オレンジの森・りんごの森」で、活動されている方々による絵画約200点を展示しています。
前回から約1年振り、今回で3回目の展示となります。 


今回のテーマは「風景・生きる・躍動」
どの作品からも思いがダイレクトに伝わってきます。
重度の障害をお持ちで絵を描くこと、言葉でのコミュニケーションが困難な方々もいらっしゃるそうですが、描かれた絵によって気持ちが伝わることもあります。
職員さんにお話を伺ったところ、歯医者さんに行った後に描いた絵は暗い雰囲気の絵になったりと、感情が素直に絵に表れる為、絵を描くということがとても重要なコミュニケーションになっているようです。
最初はみなさんの作品を観て「なかなか思いつかない色遣いやタッチ」などと思いましたが、
「本当は思いついてるのに、固定観念が邪魔をして表現出来ないだけでしょ?」と
作品から言われているように感じました。
それほどみなさんの作品はインパクトがあり、気づきも与えてくれます。
絵を描いて思いを伝えるという絵画本来の目的を当たり前に実行されていることに圧倒されます。

絵画展を開催され、様々な人に作品を観ていただけることでみなさんのモチベーションも上がり、
「絵を描くことが仕事になる」という人達が出てくればいいなぁと職員さんも仰っていました。
とても素晴らしい取り組みをされているので、実現するのはそんなに遠い日ではないように思います。

会場内には販売コーナーもあり、展示作品をポストカードにして配布もされています。

是非お誘い合わせのうえお越しください。

福祉施設 ねやのさと福祉会ホームページ:/http://www.neyanosato.com/


[期間] 7月13日(金)~7月18日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※7月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料