topics

topics:小スペースの貸し出しを始めました

小スペース貸出開始!個展や少人数のグループ展等にご利用ください。

4月から第1・第2展示室(各85㎡)をそれぞれ半分に区切ったスペース(39㎡~44㎡。パーテーションの位置固定)で使用できるようになりました。 個展や少人数のグループ展などに利用しませんか。

利用スペース区分: 【第1展示室a・第1展示室b【第2展示室a・第2展示室b

※図面はこちらのリンク(クリックしてください)にてご覧ください

受付開始は使用希望日の4ヶ月前の初日。

*例:20198月に上記の利用を希望の場合→201941日より申請受付開始。

使用料は各スペース4500円(税別)。        

詳細はくずはアートギャラリーまでお問い合わせください。

2019年6月29日土曜日

くずはアートギャラリーYOUTUBEチャンネルのお知らせ

くずはアートギャラリーのYOUTUBEチャンネルでは、過去に行われた展示などを
スライドショーでご覧いただけます。

くずはアートギャラリーYOUTUBEチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCUiWKyUTCrF_yjl8dczV8LA/featured


くずはアートギャラリーの利用についてご案内したスライドショーを新たに公開いたしました。
展示会の開催をお考えのかたは、どうぞご覧ください。



・「利点について」
京阪本線樟葉駅からくずはアートギャラリーまでの行き方、ご利用の際の利点などを紹介しています。




・「展示作業について」
絵画、写真などの平面作品を例に、展示設営の流れを紹介しています。




・「備品について」
長机やスポットライトなど、展示の際にご利用していただける備品を紹介しています。




・「イベントの種類について」
展示会期中に催されるワークショップ、トークなど(いずれも展示内容に関連のあるもの)について、
設営時や開催時の様子をご覧いただけます。




・「販売について」
くずはアートギャラリーでは、展示会期中に作品または展示内容に関連した作品集、
てづくり品などオリジナルの物品の販売が可能です。
詳細についてはスタッフまでご相談ください。




2019年6月28日金曜日

【第1展示室】夏のはじまりに~枚方市所蔵作品ミニ展示~

本日より「夏のはじまりに~枚方市所蔵作品ミニ展示~」を開催しております。

秋野 亥左牟「南島」

枚方市所蔵作品の中から8点を展示しております。
複数の作家による夏をイメージする作品をお楽しみいただけます。

[期間] 6月28日(金)~7月3日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※7月3日(水は18:00終了
[入場料] 無料

2019年6月23日日曜日

7月の展示会一覧

7月の展示会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。


75日(金)~724日(水) ※711日(木)、18日(木)休館  
(最終日724日(水)は18:00まで)
【第1展示室】ミニ企画展 九世吉向松月の別世界~陶器にいきづく風景~
関連イベント: ギャラリートーク「枚方と吉向窯」
日時:76日(土) 1400~ 
会場:くずはアートギャラリー第2展示室
講師:八世吉向松月(孮斎)氏
無料・予約不要・当日直接会場へお越しください。
主催・問い合わせ】公益財団法人 枚方市文化国際財団 電話:072-843-1123 FAX:072-845-1896 


726日(金)~814日(水)81()8日(木)休館
(最終日814日(水)は18:00まで)
【第1展示室】ミニ企画展 令和元年記念 枚方市内高校合同美術展 特別企画(絵画ほか)
【主催・問い合わせ】公益財団法人 枚方市文化国際財団 電話:072-843-1123 FAX:072-845-1896 


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

7月の展示会 7月26日(金)~8月14日(水)

【第1展示室】ミニ企画展 令和元年記念 枚方市内高校合同美術展 特別企画(絵画ほか)


上2点:第38回枚方市内高校合同美術展(枚方市民ギャラリー)より

令和という新たな時代を迎えたことを記念し、
第39回枚方市内高校合同展から選抜された作品と顧問の先生方の作品を展示します。
感性豊かな作品の数々をお楽しみください。
枚方市文化国際財団と枚方市美術施設運営委員との共同企画第2弾。

【主催・問い合わせ】
公益財団法人 枚方市文化国際財団 電話:072-843-1123 FAX:072-845-1896

[期間] 7月26日(金)~8月14日(水)※8月1日(木)・8日(木)休館
[開館時間] 10:00から19:00まで ※最終日8月14日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


7月の展示会 7月5日(金)~7月24日(水)


【第1展示室】ミニ企画展 九世吉向松月の別世界~陶器にいきづく風景~
花器「比叡の夜明」(2016)

花器「天河1」(2012)

吉向窯は明治44年から昭和55年までの約70年間、枚方で親しまれてきました。
現在は交野市に窯を構え、各種の茶陶を中心に、鮮やかな色彩とぬくもりのあるかたちを生かした
多くの作品を作り続けています。
今回は、伝統を継承しつつ、新たな作陶に挑み続ける九世吉向松月氏が表現する、
魅力あふれる”陶器にいきづく風景”の作品の数々をご紹介します。
※今回のミニ展示会は枚方市文化国際財団と枚方市美術施設運営委員との共同企画による
第一弾として開催するものです。

関連イベント ギャラリートーク「枚方と吉向窯」
日時:7月6日(土) 14:00~
会場:くずはアートギャラリー第2展示室
講師:八世吉向松月(孮斎)氏
無料・予約不要。※当日直接会場へ

【主催・問い合わせ】
公益財団法人 枚方市文化国際財団 電話:072-843-1123 FAX:072-845-1896

[期間] 7月5日(金)~7月24日(水)※7月11日(木)・18日(木)休館
[開館時間] 10:00から19:00まで ※最終日7月24日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


2019年6月21日金曜日

【第1展示室】西陣美術織「日本美術史展」/ 西陣美術織工房

ただいま第1展示室では西陣美術織「日本美術史展」を開催しています。


西陣美術織工房さんはこれまでにも当ギャラリーにおいて
伊藤若冲、国宝の仏像、国宝源氏物語絵巻、松本零士などテーマを決めて
それぞれの世界観を西陣織で再現した作品の展示をされてきました。
もうすっかりおなじみですね。

今回のテーマは日本美術史。
飛鳥・白鳳、奈良・天平、平安、鎌倉・南北朝、室町、桃山、江戸、幕末・明治前期の時代ごとの
日本美術の作品が西陣織で再現されています。
展示室の中を歩きながら日本美術の歴史と変遷をお楽しみいただけます。




おなじみの若冲、横山大観に加えて平山郁夫作品も西陣織で再現されていて、
今回はこれまでの展示の集大成にもなっているそうです。




お話を伺ったところ、作品づくりではコンピューターの力も借りますが、
製織行程の中でも特に大変なのは綜絖(そうこう)、製織という
熟練した職人の感覚が頼りになる行程だそうです。

展示室の入口にはルーペを使って西陣織の細部をご覧いただけるコーナーも設置されています。
繊細な職人の技が実感出来ます。

是非みなさまお誘い合わせのうえお越しください。

[期間] 6月21日(金)~6月26日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月26日(水は18:00終了
[入場料] 無料


2019年6月14日金曜日

【第1展示室】第52回 枚方書壇展

ただいま第1展示室では「第52回枚方書壇展」を開催しています。

年1回のペースで開かれている「枚方書壇展」、今回は8人の先生と門下生の方による約50点の作品を展示しています。


作品を見ていると書の末尾や作者のお名前のあとに「書」「かく」と漢字やひらがなで書かれていますが、
これは書の内容に関わるもので、
「臨」・・・古典をお手本に忠実に書いた臨書 
「書」・・・詩歌など他の作者の著作を書いた作品や、書体にアレンジを加えた創作作品 
「かく」・・・ひらがなと漢字の混ざった作品 という使い分けがあるそうです。
押されている印にも雅号印、遊印などの種類があり、作品の仕上げでもあるので見どころの一つといえるでしょう。

ざっと展示室を見回すだけでもかっちりとした字、くずした字とさまざまな形が目に入りますが、
書を学ぶうえで一番大切なのはやはり古典とのこと。
「臨書」とよばれる歴史上の名筆を手本に文字を書くことで、線や字のバランス、
また字を見るときの観察眼が養われるそうです。
そうして、楷書・行書・草書をはじめとした何種類もの書体を書きながら基礎を身につけ、
そのうえで「自分の字」を作っていくとお話されていました。

進学などの理由から仕方なく書道をやめてしまう例もあるそうですが、そうした方が大人になってから再び書道を始めることも多いのだそう。
墨と紙で表現されたシンプルな美しさや、書に向き合う時間。それらの魅力が現在にまで引き継がれていることを感じられる展示です。
是非お誘い合わせのうえお越しください。



[期間] 6月14日(金)~6月19日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月19日(水は18:00終了
[入場料] 無料

2019年6月7日金曜日

【第1展示室】馬に魅せられて 三人会

ただいま第1展示室では「馬に魅せられて 三人会」を開催しております。
くずはアートギャラリーでは、2年前の2017年以来2回目の開催となります。


今回は、前回の展示会後に制作した新作、1人10数点による36点の展示です。
三人会は、八幡市のホームセンターむさしにあるアークオアシスの教室として
使われているお部屋を週2回借りて活動されています。
1カ月~2ヶ月に1度、馬の絵で有名な長瀬智之先生に東京からお越しいただき、
ご指導を仰いでおられるということです。
みなさん、デッサンから始められ、絵を描き始めて10年~15年の経歴の方々です。



絵を描き始めたのは、乗馬を通じて知り合ったのがもともとのキッカケ。
そのみなさんに乗馬を始めたキッカケを伺ったところ、
子どもの頃から馬がすきで、いつか馬に乗りたいと思っていた方や、
ホースセラピーで馬の魅力にはまった方など、やっぱり「馬がすき」というところに行きつくようですね。




今も乗馬を続けていらっしゃる方のお話では、
馬と人とも相性があり、こちらがすきと思うとむこうもすきと思ってくれる馬がいて
なついてくれるそうです。今回その相性のよい思い入れのある馬を描いた作品も出展されています。


静や動、さまざまな表情の馬を描いた作品展に
ぜひみなさまお誘い合わせのうえお越しください。

[期間] 6月7日(金)~6月12日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※6月12日(水は18:00終了
[入場料] 無料



【Kagi vol,161 2019.6】 情報誌「kagi」6月号のお知らせ

情報誌「Kagi」の最新版、6月号がただいま配布中です。
2019年7月の展示会スケジュールや、空き室情報などを掲載しております。
(公財)枚方市文化国際財団、枚方市内公共施設他、くずはアートギャラリー、
くずはモール駅側入口などにござますので、ぜひご覧ください。




2019年6月5日水曜日

2019年7月1日(月)申請受付のご案内


2019年7月1日(月) 10:00より、くずはアートギャラリーにて
2020年7月3日(金)~2020年8月5日(水)までの申請受付をいたします。
※小スペース希望の方:2019年11月20日(水)までの申請受付。
また、2019年4月から抽選会の方法が一部変わりました。
各展示室の小スペース貸し出しも始めましたので、詳しくは下記をご覧ください。

◆ 4月1日(月)の抽選会から、抽選の方法が変更となりました。
 ・来館順に整理番号を配布後、整理番号順に抽選を行います。
 ・抽選で決定した番号順にご希望の日程、展示室を選んでください。
 ※今までのように競合した場合の抽選ではなく、
  抽選で決定した順に展示室をとりますのでご留意ください。

◆ 第1・第2各展示室を半分に区切った小スペースの貸し出しを始めました。
・利用スペース区分:【第1展示室a・第1展示室b】
          【第2展示室a・第2展示室b】 ※図面はこちらのリンクにてご覧ください
 ・各スペース利用料:40,500円(税別)
 ・利用希望日の4ヶ月前の月の初日から申請受付を開始いたします。
  *例:2019年8月に上記の利用を希望の場合→2019年4月1日より申請受付開始。

■受付時間…10:00~10:10 ※10:10以降に来られた方は、抽選会終了後の受付となります。
■抽選会…10:10より開始
■抽選会会場…くずはアートギャラリー(くずはモール本館ハナノモール3階)

半室・全室については2019年8月16日(金)~2020年7月1日(水)までの期間につきましても、
ご利用申込みが可能です。
下のリンクから空き室状況を確認していただけます。

空き室状況

空き室状況のご案内 2019.6.5


【くずはアートギャラリー空き室情報】を更新しました。
現在、2019年8月16日(金)から2020年7月1日(水)までの利用申込みが可能です。
下のリンクから空き室状況を確認していただけます。

空き室状況


http://akishitu.blogspot.jp/