topics


topics:くずはアートギャラリー事業 令和3年3月末に終了します

平成17年4月より、くずはモールで美術工芸作品の発表・展示活動の場として、枚方市と枚方市文化国際財団、京阪ホールディングス(株)による
三者のパートナーシップで開始いたしましたくずはアートギャラリー事業を、令和3年3月をもって終了することになりました。

つきましては、事業終了に伴い、令和3年4月以降の利用申込は受付停止となります。これまでの皆様の長年にわたるご厚情に心より感謝申し上げます。

なお、枚方市は今後、令和3年10月に開館予定の総合文化芸術センター(京阪枚方市駅徒歩5分)内に、新たな美術ギャラリーを開設いたします。
くずはアートギャラリー事業終了後は、引き続き総合文化芸術センター内の美術ギャラリーをご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


2019年8月24日土曜日

9月の展示会 9月13日(金)~9月18日(水)

【第1展示室】第27回 楠葉写友会写真展 (写真)

楠葉写友会は昭和63年に故・田中幸太郎(国画会)先生を師として発足しました。
現在は先生無しで今日に致っています。
月一度の例会で作品を持ちより、真摯に互いの作品に向き合って造形的、
抽象的な作品に重きをおいて頑張っています。
是非ギャラリーに足をお運びください。


【第2展示室】くずはセンチュリータウン住民の会文化祭 
(油彩・水彩・書・写真・手芸)

文化祭も、早20回。暮らしの異なる人々が、集合住宅に移り住んで約半世紀。
住民にもそれぞれ人生があり、文化活動も生まれます。
作品は多様で、個々人の望みや感動が煌めいています。それが個展との違いです。
この点に留意して楽しんでいただきましたら幸いです。



[期間] 9月13日(金)~9月18日(水
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月18日(水は18:00終了
[入場料] 無料