2017年10月13日金曜日

【第1展示室】市田尚子 相馬きよみ 手あみ教室生徒作品展

ただいま第1展示室では「市田尚子 相馬きよみ 手あみ教室生徒作品展」を開催しています。


こちらは講師・書籍の出版など手芸界で活躍されている市田尚子先生、
そして相馬きよみ、酒井共子、中尾益子各講師の方が指導を務めておられる
枚方、大阪、奈良等の手あみ教室の合同展で、約80点が展示されています。
生徒の方は、初心者から昔趣味で編み物をしていたという方までキャリアはさまざま。
ついつい「難しそう…」と思ってしまいますが、編み方を覚えたり、作品が仕上がったりするたびに、
だんだんとはまっていく人も多いのだとか。
様々な素材の糸や、色の組み合わせを考えていると、あっという間に時間が経ってしまうそうです。



会場には透け感が涼しげなショールや、ふかふかのセーターといろいろな手あみ作品が並んでいます。
お店ではちょっと見かけないような、凝った編み模様やデザインがあり、
こんなにも自在に作れるようになれるのだなぁ、と感心してしまいます。
教室では棒針、鍵針、レース編み、様々な技法を指導されており、編み模様のデザインは
市田先生の考案されたものもあるそう。
「だって、本の通りに作ってばっかりでは面白くないでしょう?
編み物はリラックスした、楽しい気持ちでつくるとその気持ちが作品として表れますし、
仲間とお話ししながら、笑顔で編まれるといいと思いますよ」
確かに、イライラした気持ちでは編み目も固くなってしまいそうですね。



販売コーナーでは、アクセサリーや温かみのある小物を手に取ってご覧いただけます。
これからの季節、お気に入りを探されるのもいいかもしれませんね。
どうぞお誘い合わせのうえお越しください。


[期間] 10月13日(金)~10月18日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※10月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料