topics

topics:くずはアートギャラリー事業 令和33月末に終了します

平成17年4月より、くずはモールで美術工芸作品の発表・展示活動の場として、枚方市と枚方市文化国際財団、京阪ホールディングス(株)による三者のパートナーシップで開始いたしましたくずはアートギャラリー事業を、令和3年3月をもって終了することになりました。

つきましては、事業終了に伴い、令和3年4月以降の利用申込は受付停止となります。これまでの皆様の長年にわたるご厚情に心より感謝申し上げます。

なお、枚方市は今後、令和3年10月に開館予定の総合文化芸術センター(京阪枚方市駅徒歩5分)内に、新たな美術ギャラリーを開設いたします。

くずはアートギャラリー事業終了後は、引き続き総合文化芸術センター内の美術ギャラリーをご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


2020年8月28日金曜日

9月の展示会 9月18日(金)~9月23日(水)

【第1展示室】グループ彩(イロドリ) 第39回油彩画展(油彩)


グループ彩(イロドリ)は1976年に「京阪体育文化センター油絵教室」として発足し、
現在は樟葉生涯学習市民センターで活動しています。多彩な技法がある油絵は、様々な色を重ね、
自由な表現が可能です。
私たちの個性が少しでも表現されていればと願っています。


【第2展示室】西陣美術織 ニッポンの国宝仏像織展/西陣美術織工房(工芸)


祈りの対象として造られた仏像様を、西陣織の伝統的な技法で織り上げた「織成像」15体を
展示いたします。
見どころは、疫病封じ伝説を持つ「十一面観音」像。 コロナ危機の今、皆様にご覧いただきたく存じます。


[期間] 9月18日(金)~9月23日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※9月23日(水)は18:00終了
[入場料] 無料